戦争で制約の多かった制作意欲|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

戦争で制約の多かった制作意欲

藤田が戦後の代表作としばしば評されるのは、フランス国立近代美術館が所蔵する《カフェにて》です。肘をついてあごに手を沿えるメランコリックな表情の手元には、書きかけけの手紙、ペンとインク壺、そして赤ワインのグラスがあります。
いかにもパリのカフェらしい光景ですが、実のところ、画面下の「1949」というサインが示すように、本作は藤田がニューヨーク滞在中に描いたものです。この年の3月10日に日本を離れ翌年1月にパリに旅立つまでの約10ヶ月の暮らしでした。日本からパリに戻るための「経由」というには、長いストップ・オーヴァーでしたし、その間、数多くの絵画と、そして手紙と日記を残しています。
秋には現地の画廊で個展を行うなど、戦争で制約の多かった制作意欲がいっきに解きはなられた感すら覚えます。この10ヶ月間に藤田がつけた日記が二冊、君代夫人の手元に残されています。1冊目は1949年3月10日の単身での東京出発から5月23日の夫人のニューヨーク到着までのひとり暮らしの時期で、2冊目は5月23日から翌年2月3日の英国上陸までのふたりの生活となっています。スタイルはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|