フランスでの日本表象|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

フランスでの日本表象

生前、世界を三週したという藤田ですが、戦前の彼は日欧間の移動を「航路」に限っていました。いうまでもなく、日欧間の移動の途中には海と異文化が存在して、経路にはインド洋経由と、太平洋経由で北米を鉄道で横断し、大西洋を船で渡る二種類がありました。
インド洋経由は壮大なユーラシア大陸に沿って「極東」から西に向かう旅で、東進する太平洋経由はアメリカ大陸との出会いでした。20年代以降、価格の安さと旅程の短さもあって、陸路でシベリア鉄道を使う、特に若年層が増えたなか、彼は航路にこだわります。
それは船旅へのロマンティシズムか、もしくは新生国家「ソビエト連邦」への距離感なのか。長らく藤田は日本とフランスの二国間交流の文脈で語られてきましたが、ここ十年ほどの展示や出版で新たに注目されているのは、30年代初頭の約一年半に及ぶ中南米体験です。
これによって、彼は西欧と非西欧の双方の文化を知る、当時の日本では限られた「多文化経験者」となり、「フランスでの日本表象」から「日本でのフランス表象」の主体へと短い「幕間」に一気に場面転換を果たすことになります。藤田嗣治「老母と子供」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|