「本のしごと」を残したのは藤田だけ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

「本のしごと」を残したのは藤田だけ

20年代のパリには何百人もの日本美術家がいて、諸サロンに入選したり、個展を開催したりする者の数は相当の数に上がってました。しかしながら、ここまで現地の文芸界や出版界と濃厚なネットワークを築き、質の高い「本のしごと」を残したのは藤田ひとりだけです。
20年代後半には、『お梅が三度目の春』『平行棒』『中毒に就て』など、挿絵本というより版画集に近い、藤田の名前を看板とした「画家本」が続いていました。
それを遠くで仰ぎ見ていたのは、パリ生活が長く、「竹取物語」など日本ものの挿画本をいくつか手がける銅版画家の長谷川潔と、パリで限られた経験をもとに、コクトーの『怖るべき子供たち』(1930)など日本で30年前後に卓越した装幀を残すことになる画家の東郷青児らではないでしょうか。「ポーゾル王の冒険」PL.1はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|