日本部門の仏文カタログ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

日本部門の仏文カタログ

ブログをみてくれている方、今年もお世話になりました。今日までがお仕事だという方が多いのではないでしょうか。私はというと年末年始も関係なくお仕事になりそうです。来年度も宜しくお願い致します。ブログも来年5日ぐらいまで、更新はお休みさせて頂きます。それはさておき、藤田が母国の美術界との回復するのは、1922年春先にパリ、グラン・バレで開催された「国民美術協会展」でした。
官展サロンの流れを組む保守的なサロンから19世紀末に独立したこの団体は、かつて留学時の黒田清輝が入選したことで日本でも知られます。藤田はすでにサロン・ドートンヌの会員となっていましたが、東京美術学校の恩師・和田英作がこの日本展の役員だったこともあって、油彩画を出品します。この展覧会で日本側はサロン本体の目標とは別に、日本部門の仏文カタログを制作しました。
パリのアベイユ・ドール社から刊行されたカタログの表紙には、平安時代の絵巻物に出てくるような、槍扇を持った「引目鉤鼻」の姫君が端正に描かれ、華やかさを添えています。記名はないものの、藤田の「仕事」の可能性が高いです。日本昔話(挿画本)はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|