モノクロームの木版画の魅力|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

モノクロームの木版画の魅力

20年代を迎えた藤田の「本の仕事」でまず際立つのは、素朴なモノクロームの木版画の魅力です。すでに1910年代末から木版画を手がけ、雑誌の挿入や表紙となることもありました。(『レ・レトル・パリジェンヌ』1919年5月1日号、『モンカルナス』1922年6月1日号ほか)。
「浮世絵の国」からきた者として、木版画は自他共に認める身近な版表現であり、なにより簡便な道具で出来るものでした。当時、藤田の画室を訪れた友人が、「〔藤田が木版画を〕しごくやくざな普通の小刀1本だけ彫ってるたのには驚いた」(大田三郎「藤田嗣治の木版」『みずゑ』1925年1月号)というほど、自然体で取り組んでいました。
とはいえ、身近な技法という意味だけではなく、その素朴さがかえって石版画とは異なる版表現らしい東方的な魅力を与えるものとして、ラウル・デュフィがわざわざ木版画で挿絵本をだしたり、創作木版協会が結成されるなど、当時のパリでも見直されたいたのです。民衆版画の再評価とも連動していました。藤田嗣治 夢はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|