技巧に潜む画家の苦悩と悲しみ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

技巧に潜む画家の苦悩と悲しみ

次々と作風を変え、生涯新たな美を創造し続けた画家パブロ・ピカソ。彼の最高傑作『ゲルニカ』は、祖国スペインの悲劇を描いた20世紀芸術のモニュメントです。彼はいかにしてここに辿り着いたのか。ゲルニカを一つの到達点としてその人生を遡ると、原点には15歳のデビュー作『科学と慈愛』がありました。
ピカソはマルセル・デュシャンやセザンヌやゴッホと同じく、最も多作な画家の一人ですが、生涯で、2万~3万点の作品を描きました。ゴッホは37歳という若さで亡くなるまでに2000点もの作品を描いたと言われています。
ピカソに至っては、知って良かった、アダルトADHDという本によると、晩年の作品群は熱烈なファンだったダグラス・クーパーでさえ、「狂った老人の訳の分からないなぐり描き」と評するものでした。それらあまり評価されなかった数多くの作品があったからこそ、名作が生まれた、と考える人もいます。彼らがたくさん描いた作品群は、決して無駄だったのではなく、評価される、されないにかかわらず意味のあるものだったのです。
臨終の時を迎えた老婆と、彼女を見守る医者と尼僧。驚異的な技巧に潜む画家の苦悩と悲しみとは...?今日夜10:00~10:30分からテレビ東京にて放送!ダイバーズはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|