絵を描く手は僕、考える頭はべラ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

絵を描く手は僕、考える頭はべラ

空中を舞うカップルや動物、現実ばなれした鮮烈な色彩など、奔放で幻想的な作風で知られるシャガール。其のルーツはロシアのユダヤ人街で生まれた彼自身の出目にあり、ユダヤ教の神秘性からインスピレーションをされたという。
サンクトペテブルクの美術学校に入学するが、1910年にパリに渡り「蜜峰の巣箱」と呼ばれるアトリエに入居。ここで多くの芸術家と知り合い、フォーヴィムスやキュビスムの影響を受ける。帰国してからは、革命後もロシアで製作を行い、ソビエト政府からも評価を受け、パリに移る。
故郷であるロシアの情景や幼い日々の情景、祭りや婚礼などの絵を多く描いた。シャガールの画風にもうひとつ影響を与えたのが、1914年に結婚したベラという女性だ。シャガールは「絵を描く手は僕、考える頭はべラ」と語るほどの彼女に夢中だった。パリに活動の拠点を移したが、1941年にシャガール夫妻はフランスを占領したナチス・ドイツ軍のユダヤ人狩りを避け、アメリカへ亡命する。
ベラはアメリカで1944年病死してしまう。シャガールの悲しみは深く、一年は絵筆を持つことも出来なかったという。終戦後はフランスに戻り、製作を再開。その旺盛な探究心は晩年まで衰えることはなかった。
ホンダの創業者である本田宗一郎がパリのシャガールを訪ねた折、贈られた書道用具に強い興味を示した彼は来客をほったからかしして、それらを持ってアトリエに寵り製作に没頭してしまったというエピソードが残されてる。シャガール  20世紀誌はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|