ピカソの作品の絵皿|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ピカソの作品の絵皿

「ピカソの絵って、落書きみたいなのに、なんで有名なの?」子どもなどにそう聞かれて、困ったこと、ありませんか。「ピカソは本当はすごく上手に描けて、昔は写真みたいな絵も描いてたんだけど、わざとああいう絵にしたんだよ」ピカソのことをほんの少し知っている人なら、こんな答えを返したこともあるかもしれない。
実際、「ゲージュツ」を理解することや説明することはすごく難しく、自分なども絵画展などに行くと、絵をアタマで理解しようとするあまり、つい絵を観る時間よりも、絵に添えられた説明を読むことにたっぷり時間を費やしてしまったりする。絵の見方には答えはないのに、答えを求めるクセがついているのかもしれない。
そんなとき、衝撃だったのが、『小学館あーとぶっく ピカソの絵本あっちむいてホイッ!』(構成・文 結城昌子)。1993年に刊行されたこの本には、ほかに『ゴッホの本うずまきぐるぐる』『モネの本太陽とおいかけっこ』『ルノワールの絵本ないしょかな?』『シャガールの絵本空にふわり』などなど、たくさんのシリーズがあり、シリーズ累計60万部を売り上げている名作なので、ご存じの人も多いかもしれない。洋画 買取
なかでもこの『ピカソの本』は、タイトルからして「あっちむいてホイッ!」と、不謹慎ではないかと思うほどの遊び心を見せてくれる。なかをのぞいてみると、ピカソのおなじみの顔に、こんな文字が添えられている。
「ピカソが描いた顔 顔 顔 あっちを見たりこっちを見たり どっちをむいているのかわからない ピカソとあそぼう あっちむいてホイッ!」また、フツウにはありえない四角ばった顔にも、「四角い目と四角い口でにらめっこ あっぷっぷ??」 「わからないゲージュツ」を難しく考えず、こんなふうに楽しんで良いなんて......。
これは大人から見ると、ちょっとショッキングでもある。さらに、丸い皿に描かれたヘンな顔には、こんな文句も添えられていた。「お皿の中も顔 顔 顔(中略)表情はどんどん変わる ピカソはぜんぶ好きだから ぜんぶひとつに描いた かわるかわるピカソの絵もどんどんかわる」「ピカソの絵の顔ってヘンな顔?! なんでいくつも顔があるの?」とゲラゲラ笑う子どもの見方は、実は大人よりもちゃんと作品を見ていたということだろうか、と思わされる。
「ゲージュツなんてわからない、でも、楽しい・好き」それだけで、良いのかも......そんな気もしてくる。『シャガールの本』にしても、青、バイオリン、空にふわりと浮かぶもの、そんな理屈でなく心で感じるあの独特な世界を、まるで歌のように言葉を添えて、案内してくれるこの『小学館あーとぶっく』。 ピカソ作品はコチラよりご確認下さい。
  • 156シリーズ PL.51パブロ・ピカソ
    156シリーズ PL.51
  • 156シリーズ PL.101パブロ・ピカソ
    156シリーズ PL.101
  • 156シリーズL.56パブロ・ピカソ
    156シリーズL.56
2013年4月9日放送|開運 なんでも鑑定団
ピカソの絵皿
●ピカソの絵皿
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\500,000
【鑑定士総評】
ピカソは生涯で陶器も数千点残している。裏に「MADOLRA」とあるが、これは南仏の陶器で有名な街で、ピカソは1940年代後半から50年代にかけてこの街で依頼品のような絵皿を制作した。「EDITION PICASSO」とあるのはピカソがデザインしたものを職人がデザイン通りに描いた作品ということ。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|