洋画 作家ぺージ |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

洋画 作家ぺージ

●世間の目に映る自分を演出

戦後、永住するつもりでフランスに渡ってからのフジタは、日本に対してかたくなに沈黙を守った。しかし、16年ぶりに故郷に錦を飾った1929年の最初の帰国から、二度と戻らない覚悟で故郷を去る1944年までの・・・・・・・・・

●世界的名声を博した

パリから一時間足らずの南郊にある小さな村、ヴィリエ・ル・バークル。シュヴルールの森の中にひっそりとたたずむこの静かな村に、藤田嗣治の終の住処がある。街道沿いの、白壁にブルー・グレーの雨戸が映える二階建・・・・・・・・・

●亡き夫の油彩画

ところで、藤田の後半生、30年以上をともに暮らし、その最期を看取った君代夫人が、彼女自身の最期まで手放さず、身近において眺めつづけた亡き夫の油彩画があります。 意外なほど小さい、葉書大の小品で、「家」・・・・・・・・・

●戦争で制約の多かった制作意欲

藤田が戦後の代表作としばしば評されるのは、フランス国立近代美術館が所蔵する《カフェにて》です。肘をついてあごに手を沿えるメランコリックな表情の手元には、書きかけけの手紙、ペンとインク壺、そして赤ワイン・・・・・・・・・

●フランスでの日本表象

生前、世界を三週したという藤田ですが、戦前の彼は日欧間の移動を「航路」に限っていました。いうまでもなく、日欧間の移動の途中には海と異文化が存在して、経路にはインド洋経由と、太平洋経由で北米を鉄道で横断・・・・・・・・・

●「本のしごと」を残したのは藤田だけ

20年代のパリには何百人もの日本美術家がいて、諸サロンに入選したり、個展を開催したりする者の数は相当の数に上がってました。しかしながら、ここまで現地の文芸界や出版界と濃厚なネットワークを築き、質の高い・・・・・・・・・

●日本部門の仏文カタログ

ブログをみてくれている方、今年もお世話になりました。今日までがお仕事だという方が多いのではないでしょうか。私はというと年末年始も関係なくお仕事になりそうです。来年度も宜しくお願い致します。ブログも来年・・・・・・・・・

●念願のパリ留学を果たした

1913年夏にようやく念願のパリ留学を果たした藤田でしたが、1年後には第一次大戦が勃発します。多くの在留邦人がの勧告に従って母国に引き揚げる中、私費で生涯一度の渡欧と覚悟してきた彼は残留を決意します。・・・・・・・・・

●モノクロームの木版画の魅力

20年代を迎えた藤田の「本の仕事」でまず際立つのは、素朴なモノクロームの木版画の魅力です。すでに1910年代末から木版画を手がけ、雑誌の挿入や表紙となることもありました。(『レ・レトル・パリジェンヌ』・・・・・・・・・

●技巧に潜む画家の苦悩と悲しみ

次々と作風を変え、生涯新たな美を創造し続けた画家パブロ・ピカソ。彼の最高傑作『ゲルニカ』は、祖国スペインの悲劇を描いた20世紀芸術のモニュメントです。彼はいかにしてここに辿り着いたのか。ゲルニカを一つ・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|