圓鍔勝三作 「南の子」|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

圓鍔勝三作 「南の子」

圓鍔芸術は,木彫を主流としながらも様々な素材を使っているのが特徴である。 作品は,夢とロマンに溢れ,たえず平和を希求する心と生きることへの愛着が表れている。
日本を代表する彫刻家圓鍔勝三の彫刻作品を展示している。 圓鍔勝三彫刻美術館は,圓鍔記念公園にあり,野外モニュメント6体が散策道に沿って設置されている。館内には,日本彫刻界の巨匠で,文化勲章受賞者,圓鍔勝三の彫刻作品を保存,展示している。
1905年広島県御調郡(みつきぐん)の生まれ。16歳のとき京都の彫刻師に弟子入りし修行に明け暮れた。西洋のリアリズム彫刻と日本の伝統美を見事に融合し,新たな彫刻を生み出した彫刻家である。
しかし単なる職人に終わることを嫌い日本美術学校に入学。この時期に日本における近代彫刻確立に対する自覚が生まれた。しかし圓鍔が高く評価されたのは戦後になってからである。その独自性は門外漢にも一目瞭然であろう。
ときには写実を離れてデフォルメを強調し,時には彩色を施し、ときには石や金属を組み合わせる。さらには自分が見た夢などおよそ彫刻にはなりえないと思われる題材にも積極的に挑戦している。
※お宝は、30年程前購入したもの。ある芸術家と美術番組で共演した事があり,尊敬していたのでいつかは作品が欲しいと思っていたので,思い切って買った。
高校卒業と同時に東映に入社。7年間で60本以上の映画に出演し東映映画の看板女優となった。フリー転向後も映画のみならずドラマ,舞台、CMなど第一線で活躍。
今年で芸能生活51年だが,生涯現役を掲げ、常に新しい事に挑戦している。4月には初のコンサート「私の中のピアフ~いいえ,私は後悔しない~」を開催予定。彫刻 買取
  • 和圓鍔勝三
  • 裸婦圓鍔勝三
    裸婦
2011年2月1日放送 |開運 なんでも鑑定団
圓鍔勝三作 「南の子」
●圓鍔勝三作 「南の子」
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\8,000,000
【鑑定士総評】
表面的な写実ではなく内面,タヒチ女性の純粋で素朴な姿、私たちが忘れてしまった原初の心や思いが込められている気がする。圓鍔が70歳のころ,非常に円熟した時期のいい作品。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|