「柿右衛門」という言葉は色絵磁器の代名詞|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

「柿右衛門」という言葉は色絵磁器の代名詞

竹林やカシに覆われた小高い山のふもと。広大な敷地内に、柿右衛門窯の工房やヨシぶきの家屋が並び、玄関付近の池にはニシキゴイが泳ぐ。そよぐ風に秋の気配が漂う庭園は、カキの葉が色づきはじめ日本の美の情景を見せる。
「伝統ある有田では一人の作家という前に職人であるべき。伝統を踏まえながら自分の色を出していきたい」。江戸時代から連綿と続く名門「柿右衛門窯」の14代柿右衛門さん。一言一言に、窯主としての使命感がにじむ。
「柿右衛門」という言葉は色絵磁器の代名詞ともいえる存在。乳白色の生地と明るく鮮やかな上絵付けが特徴。余白を生かした華麗で優美な色絵の世界だ。14代を襲名して18年。
「新しい食器、デザインはそこそこやってきたが、美術品よりも日常使う器の方が難しい」という。時代のニーズを踏まえた日常食器づくりを心がけ、最近はイチゴやエノコログサを見つけては絵筆を走らせる。
一年に5、6回ほど雄大な自然に囲まれた阿蘇に出かける。世俗的な世界を逃れ自分の内面を見つめるため、キャンピングカーを駆っての一人旅。一週間ほどの滞在。
「ふだんは目にとまらなかったものが見えてくる。はいつくばるような感じでふらふらになりながら、心に感じるものを写し取っていく」。自分を追い込んで、新鮮に映る野のタデやコスモスを描く。
様式の継承と新たな日本の美の追究は名門窯の当主の宿命だ。「やはり余白を残すことが大事。絵のバランスとともに白の美しさを損なわないように」。山や草花をモチーフにしながらも14代としての独自色を出していく。
一子相伝といわれる絵の具の調合が課題だという。「化学顔料や安定した釉薬(ゆうやく)は手に入りやすいが、色に深みがなく素朴な美しさが出ない。戦後、業者が減り、質の良い天然のものが少なくなった」と嘆く。酒井田柿右衛門の詳細はコチラよりご確認下さい。
  • 濁手柿文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手柿文花瓶
  • 濁手三方割花文香炉酒井田柿右衛門
    濁手三方割花文香炉
  • 濁手山ふじ文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手山ふじ文花瓶
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|