柿右衛門様式|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

柿右衛門様式

柿右衛門様式は、染付を伴わない純白の磁肌に、赤色を主とした軽やかな上絵付けが施されていることが特徴です。本作でも、羽毛部分に一部白地を残しながら、黒で輪郭線を引き、赤・黄・緑・青・黒で羽根を塗り分け、デザイン化した鮮やかな色彩が目を引きます。
一方で、鶏冠や肉垂(にくだれ、嘴の下の部分)などの部位では鳥肌らしいつぶつぶまで表現していたり、岩の質感を出すために台座部分は無釉のまま残すという工夫を施しており、写実性も追求しているように見えます。全体的にデザイン性と写実性が見ごとに調和した優品と言えます。
このような伊万里焼の置物は、主に西欧への輸出製品であり、その多くが土型を用いて成形されています。そのため同じ形姿の類品がいくつか存在することが知られていますが、そのうちの1つが英国バーリー・ハウス・コレクションにあります。
ときの忘れものも版元として、今まで22点の版画をエディションしてきました。酒井田柿右衛門「置物 象」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|