板谷波山の茶碗(骨董品)|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

板谷波山の茶碗(骨董品)

Q:『なんでも鑑定団』を観ていたら板谷波山のお茶碗が出ていましたよ。この世の物と思えない美しさでした。北区滝野川に工房があったらしいですが跡地はどうなっているのでしょう?板谷波山の作品を見てみたくなりました。
A:板山波山の工房は田端文士村の中にあったようです。ウイッキぺディアを調べたら下記の一文がありました。「東京府北豊島郡滝野川村(現・東京都北区田端)に工房を築き」正確にはどの辺だったのでしょうか?田端文士村記念館に記録があると思います。
小山酒造の見学行きたいです!23区唯一の酒造ですからね?因みに田端・草川商店のオリジナルブランド日本酒「田端文士村」は小山酒造で醸造されてます。
幕末から明治初期にかけて欧米で開催された万国博覧会で高い評価を受けた日本の陶磁器は、明治政府の後押しもあって次々と海外に送り出され、西洋の美術にも少なからず影響を与えました。
ところが明治の後半では、旧態依然とした日本の陶磁器のデザインは批判の的となり刷新を迫られていました。そして意匠や釉薬など新たな研究がはじまりますが、この近代陶芸の出発点というべき時期に中心的な役割を果たしたのが板谷波山でした。板谷波山 買取
2013年1月8日放送 |開運 なんでも鑑定団
板谷波山の茶碗
●板谷波山の茶碗
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\4,000,000

昭和10年代の前半、波山60代中ごろの最も円熟したときの作品と考えられる。この時期波山は作品の形を際立たせるため、ほとんど装飾を施さなくなり、また釉薬も単彩になっていく。箱の表に"黒飴瓷"と書かれているが、飴釉というのは大変不安定でむらができやすい。依頼品の指で触ると飴がつくような感じの奥深さは研鑽を積んだ波山ならではの技といえる。代表作といってよい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|