天鶏壺|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

天鶏壺

天鶏壺には、青磁釉がかかったもの、黒い天目釉がかかったものなど、遺品がかなり多い。この天鶏壺は、現在知られているものの中では世界的に見ても特に大きいものとして著名である。茶道具 買取
注ぎ口を鶏頭にかたどり、龍形の把手が口縁を噛む。肩には紐を通すための小さな穴があいた方形の耳が、左右に各2個ついている。中国ではこの形の瓶を天鶏壺と称している。
この天鶏壺の形式が出現するのは3世紀末の頃らしく、浙江省北部の原始的青磁、いわゆる古越磁に初期の系譜をたどることができる。4世紀の天鶏壺には胴を球状に作ったものが多く、本図のように胴が筒状になり、特に大型で堂々としたものは6世紀頃のものと考えられている。
素地はかなり白く、古越磁の中でも浙江省南部の製品に見られる特色とされる。釉薬が流れた跡が幾筋か認められ、釉面には細かい貫入が出ている。総体に明るい淡雅な色調が心地よい。
山の緑が日増しに鮮やかになり、気が付くと富士山の雪も大分無くなって黒い山肌があらわれてきました。その富士山が世界遺産へ登録される見通しとなり、国の象徴から世界の宝へと、益々雄大な姿に見えてきました。
富士五湖と八ヶ岳、武田信玄、・・・恵まれた自然に囲まれその中で育まれてきた文化に改めて目を向けていきたいと思います。 さて、時代は漢から晋へと進みます。
三国時代から西晋時代にかけて(220年~317年)青磁が発展し、現在の上海近くの越州窯で独特な形の青磁が大量に焼かれました。人々の生活を連想させる楼閣や家畜の羊、犬、鶏舎などの焼き物です。そして盤口壺に取っ手が付いたもの、鶏や羊の頭を注口としたものなどユニークな形が多いのが特徴です。陶磁器 買取
2011年3月15日放送|開運 なんでも鑑定団 「in 群馬県館林市」
天鶏壺
●天鶏壺
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\1,500,000
【鑑定士総評】
6~7世紀頃の天鶏壺の優品。天鶏壺としては大型の部類に属す。鶏の頭は写実的で大型。嘴には小さな孔が開けられ注口となり、実用への配慮がうかがわれる。連結2本線で延び、3ヶの鋲が貼花された把手は、龍が瓶中を覗く形状で口縁を噛む。前後肩部にはU字型鋲止めが飾られる。長頸首には2本の突状帯が施され、肩部には2本の細線が刻されアクセントとしている。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|