十三代中里太郎右衛門現代的な美感覚の作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

十三代中里太郎右衛門現代的な美感覚の作品

ろくろの上に粘土紐を積み、指で継ぎ目を密着させ、あて木を内側からあて、外側を叩き板でたたきながら壷や水差しを形作る技術を先代から継承します。この技法に東南アジア各地に伝わる叩きの手法を取り込み、玄海の魚文シリーズにペルシャンブルーの釉薬(ゆうやく)を掛けて、絵画風に仕上げた個性豊かな唐津焼を完成させます。
叩きの手法で復活させた豪快な古唐津に、現代的な美感覚を持ち込んだのが、十三代中里太郎右衛門さん。1976年(昭和51年)国の重要無形文化財に認定され、号は無庵。1985年(昭和60年)死去(89歳)。 
近年では、土、釉薬のバリエーションも幅広く、様々な素材を用いてこれまでの唐津焼になかった表情の作品を生みだし、これらの作品は使い込み、育てることでより一層新たな表情で生まれ変わっていく。
12代太郎右衛門は桃山時代の古唐津の復興に力を尽くし、叩き技法による独自の唐津焼を生み出した。13代は逢庵と号し日展評議員、理事などを歴任、平成19年日本芸術院会員となる。昨年死去(85歳)。14代目は逢庵氏の長男忠寛氏(昭和36年生)が後を継いでいる。茶道具 買取
  • 叩き唐津焼締花いれ中里太郎右衛門
    叩き唐津焼締花いれ
2011年8月9日放送|開運 なんでも鑑定団 「in 君津市」
十三代中里太郎右衛門作の壺
●十三代中里太郎右衛門作の壺
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\5,000,000
【鑑定士総評】
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|