伝統的陶技異彩・燿彩の魅力|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

伝統的陶技異彩・燿彩の魅力

これまでに大まかに四種類の釉薬が使われてきました。それは「深厚釉」「彩釉」「碧明釉」そして「燿彩」である。 深厚釉は徳田家が用いてきた色釉の総称とされ、三代八十吉は濃い紺、紫を主体とし、対比的にわずかな白や暗調など利かせる部分を作った構成に表現上の特徴が感じられ、一見トロピカルな雰囲気である。
徳田八十吉 買取
燿彩とは作者自身が名付けたもので、「光り輝く彩」の意味である。燿彩の焼成はかなり高温(1040度)で行われる。 もともと九谷の色絵焼き付けは他産地のものと比べて高温なのですが、色と釉薬それぞれの力を活かしきることができ、しかも器物としての機能性にも得るところがあるならば高温焼成にこしたことはない。 燿彩の魅力はここにあるのです。
もともと九谷の色絵焼き付けは他産地のものと比べて高温なのですが、色と釉薬それぞれの力を活かしきることができ、しかも器物としての機能性にも得るところがあるならば高温焼成にこしたことはない。燿彩の魅力はここにあるのです。
碧明釉は主に紺と緑を用い表したものである。彩釉は九谷の伝統色、紺、紫、緑、黄、赤等を併せ用いたものである。 碧明釉は主に紺と緑を用い表したものである。燿彩は前にも記したように高温焼成による深い光沢に見どころがありさらに言えば五十から七十種に及ぶという豊富な色数による構成に大きな特色がある。
燿彩は碧明や深厚と併用されていることもしばしばある。そのため、素地の焼成後、器面をさらに研磨し、できるだけ平滑にしなければならない。こうして得られる薄い素地のため、作品の重量が見た目より軽いのも特徴といえる。いわば個別の色の集合として表されている燿彩は、手間のかかる手法で行われている。 茶道具 買取
このことを承知で続けているのは、より多彩で現代的な意匠の展開を予測し、技術の基礎固めと考えているからであろうか。徳田八十吉の陶芸は、色を楽しむと言う日本の伝統的陶技では比較的不向きと思われる領域において異彩を放つものである。燿彩の細やかな光の変化を辿るようなおもしろさが感じられます。
徳田八十吉作品集 長谷部満彦著引用 (講談社)
  • 碧明燿彩花瓶徳田八十吉
    碧明燿彩花瓶
  • 碧明耀彩 十八稜壺徳田八十吉
    碧明耀彩 十八稜壺
  • 耀彩 花器徳田八十吉
    耀彩 花器
2012年7月10日放送 開運 なんでも鑑定団  「IN 石川県内灘」
三代 徳田八十吉の壺
●三代 徳田八十吉の壺
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\500,000
【鑑定士総評】
作風から見て、まだ三代八十吉を襲名する前の40歳から50歳にかけての作品だろう。色のかすかな変化は計算された物で、特に胴のあたりに目だたないように入れられた斜めの線が心憎い。形も良く、無駄な部分が一点もない。色と形が見事に一致した名作。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|