現代の三川内焼|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

現代の三川内焼

朝鮮の役の際、松浦鎮信(まつらしげのぶ)が連れ帰った陶工の巨関(きょかん)が、藩命により平戸・中野で窯入れをしました。(中野焼)これが三川内焼の始まりとされています。
しかし、平戸ではよい陶石に恵まれず、最後に落ち着いた先が三川内となりました。1650年には御用窯のほとんどが三川内に移され、三川地三皿山は平戸三皿山となり、御用窯(平戸焼)として確立されました。
明治に入り存亡の危機に瀕したこともありましたが、豊島政治が再建に乗り出し、三川内山に意匠伝習所を創設しました。これにより御用窯の優れた技術が今日まで受け継がれることになりました。
三川内焼は世界的に白磁が知られていますが、これは1712年に発見された天草陶石と網代陶石を用いたことによるとされています。きめ細かい地肌とその白磁に映える繊細優美な染め付け、透かし彫りなどの細工物、高温で焼成したような珠のような輝きが特徴です。
特に唐子絵は有名です。また、白磁以外にも刷毛目の陶器が木原刷毛目として知られています。佐世保東部に位置する三川内は古くからやきものの里として、数々の旧所・名所が点在している町です。また、多くの窯元が作陶を続けていて、これがまた町の繁栄を表しています。
2014年5月27日放送|開運 なんでも鑑定団
三川内焼の花瓶
●三川内焼の花瓶
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\300,000
【鑑定士総評】
現代の三川内焼。江戸時代には平戸焼と呼ばれていたが、依頼品はその伝統をしっかり守った名作といえる。形はシンメトリックで揺るぎがなく、耳が軽やかについている。三川内焼の陶画工というのはたいてい狩野派風の絵を学んでおり、依頼品も描かれている山水門や鷹に松は掛軸に取り出してもよいほどの良い絵。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|