古伊賀の壺幻の焼物|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

古伊賀の壺幻の焼物

当初は主に無釉焼締めの日用雑器を作る窯にすぎなかったが、室町時代後期に千利休の侘び茶が大成されると伊賀焼の作為のない風情に注目が集まり、盛んに茶会で用いられるようになる。
天正13年(1586)筒井定次が領主になると隆盛した。定次は千利休の高弟古田織部に茶の湯を学んだ数寄茶と知られ、織部指導の下素朴で豪快な茶器を数多く焼かせた。この作風はその後藤堂高虎・高次親子を経て高虎の娘婿小堀遠州に引き継がれた。茶道具 買取
これらを古伊賀という。伊賀焼は別名七度焼といわれるがこれは土を高温で何度も焼成するからである。その際わずかに鉄分を含んだ土が燃えるような赤褐色に変化する。また窯の中で降りかかった灰は萌葱色や青緑のビードロ釉となって流れだし煌くような美しい景色を作り出す。
形は歪みや膨らみが強調されており、ありきたりな調和は求めない。へら目は奔放でどれ一つとして同じものは無い。 水指や花生けは耳を持つものが多く、俗に「伊賀に耳あり信楽に耳なし」といわれている。 またひび割れや欠けは本来なら欠点だが、造形性の強い伊賀焼では再現性のない破格の美として高く評価されている。
これらの古伊賀は、その後この地で起きた大飢饉の影響を受けわずか20年あまりで姿を消してしまう。幻の焼物といわれる所以である。伊賀焼は鎌倉時代初期に伊賀地方で生まれた。
形は歪みや膨らみが強調されており、ありきたりな調和は求めない。へら目も奔放でどれひとつとして同じものはない。そして水指や花生には耳を持つものが多く、俗に「伊賀に耳あり信楽に耳なし」といわれている。
またひび割れや欠けは本来なら大きな欠点だが、造形性の強い伊賀焼では再現性のない破格の美として高く評価されている。しかしこれらの古伊賀は、その後この地で起きた大飢饉の影響を受けわずかな期間で姿を消してしまう。幻の焼物といわれる所以である。
伊賀焼は別名七度焼ともいうが、 これは土を高温で何度も焼成するからである。その際わずかに鉄分を含んだ土が燃えるような赤褐色に変化する。また窯の中で降りかかった灰は、萌黄色や青緑色のビードロ釉となって流れ落ち煌くような美しい景色を作り出す。
お宝は、骨董好きだった父が遺したもの。一番のお気に入りで毎日磨いて自慢していたのだが、ある日骨董仲間に見せたところいつもは何でも褒めてくれるのに「大した物じない」と言われてしまった。落ち込んだ父は以来しまいっぱなしにしていたが、改めて見ると名品に思える。父の目利きを証明してあげたい。骨董品 査定
2013年9月10日放送 |開運 なんでも鑑定団
古伊賀の壺
●古伊賀の壺
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\3,500,000

【鑑定士総評】
名品。箱に「古伊賀」とあるが、依頼品は古伊賀ではない。室町時代初期に丹波で焼かれた古丹波の壺。姿といい寸法といい釉薬といい申し分ない。丸い粘土の円盤を積み上げていき、それを成型するため肌に波のような形が出てくる。赤褐色のつやつやした肌に山葵色をした丹波の自然釉がとろっとかかり、幾筋かの先が玉垂れになって美しい。古丹波の壺は控えめで静かな雰囲気があるため、依頼品のように大きく欠けていても苦にならない。かえって自然釉の渋さとマッチして非常に詫びた感覚、鑑賞のポイントになっている。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|