茶道具 作家ぺージ |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

茶道具 作家ぺージ

●荒川豊蔵の作品

天正14年(1586年)頃の茶会記に突如出現し、以後に茶陶として使われた志野ですが、慶長期になると生産効率の問題などから衰退し、ついには途絶えてしまいました。 『志野』という名称の由来は、香の名人の志・・・・・・・・・

●現代の三川内焼

朝鮮の役の際、松浦鎮信(まつらしげのぶ)が連れ帰った陶工の巨関(きょかん)が、藩命により平戸・中野で窯入れをしました。(中野焼)これが三川内焼の始まりとされています。 しかし、平戸ではよい陶石に恵まれ・・・・・・・・・

●初代徳田八十吉の作品

徳田八十吉先生は多趣味な方で有名でした。将棋、かるた,鯉,釣り,社交ダンス,カラオケなどなど,とても好奇心旺盛な方で,作品と同様、趣味にも打ち込み,道を極められていました。 中でも年に何度か「トローリ・・・・・・・・・

●三代徳田八十吉の壺

碧明釉(へきめいゆう)の壺。昭和63年に三代目を襲名した前後の作。徳田八十吉は、従来の九谷焼のように、絵柄(山水・人物・花鳥風月)ではなく、色の配色のみで作品を仕上げてるのが大きな特徴です。 色は約・・・・・・・・・

●天鶏壺

天鶏壺には、青磁釉がかかったもの、黒い天目釉がかかったものなど、遺品がかなり多い。この天鶏壺は、現在知られているものの中では世界的に見ても特に大きいものとして著名である。茶道具 買取 注ぎ口を鶏頭にか・・・・・・・・・

●鉄絵で蛸唐草文

唐草文様の一種。渦状に巻く蔓(つる)の外側に、葉を簡略化してつける。それがちょうど蛸の足の吸盤をおもわせるところから俗に蛸唐草文様とよばれる。中国宋時代の磁州窯の作品に古い例がみられる。 アメリカのカ・・・・・・・・・

●漢時代の壺2点

アメリカ・フロリダ州にある博物館に展示中の壺を持ち上げ、悪気も躊躇いも無く、いきなり床に落とし破壊した男が逮捕された。その割った壺の価格は日本円で約 1 億円。作者の中国の現代美術作家である艾未未氏は・・・・・・・・・

●携帯用茶道具

花月のお稽古で淡々斎好みの八千代棚を使い五事式をやった。後座では且座でするか仙遊でするかで茶入れの荘りかたの違いや、最後に棗を中棚に入れてからでないと蓋が閉められないことなどもあり変化があって面白い。・・・・・・・・・

●八代目藤田重良右衛門作 水指

越前焼はかつては生活用具のみを作っていたが、昭和46年に越前陶芸村が開設されてから茶道具を作るようになった。藤田重良右衛門(ふじたじゅうろうえもん)は織田町の焼物師で、昭和20年に終戦したときに唯一残・・・・・・・・・

●初期伊万里の代表的な手

生地(きじ)や形には、朝鮮の影響が残る珍しい皿なのです。どこが?それは、高台(こうだい)と申しまして,皿の裏側の部分にその秘密が隠されています。 皿の場合ですと普通,直径の3分の2ぐらいの高台がつくの・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|