水玉模様の作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

水玉模様の作品

草間彌生はニューヨークのthe David Zwirnerギャラリーをスペース・エイジ・アシッド・トリップな場へと変貌させ、新作の絵や、輝くLED、暗闇で光る万華鏡のような造形でもって完成させた。
草間彌生は1970年代から、精神病の人の為の病院からの入退院を繰り返してきており、数十年もの間、彼女は強迫神経症と戦い続けてきた。この注目すべき展示は天国に辿り着いた者と名付けられており、私たちへの彼女の精神世界への招待であり、彼女が見ている世界を垣間見ることができる。
もう一つのミラールーム「愛が呼んでいる」は、今夏に六本木の森美術館「LOVE展」でも公開され話題となった。草間さんの代名詞ともいえる水玉模様が描かれた突起物が床や天井から伸び、暗い室内でさまざまな色に変化していく。部屋の中では愛の詩を朗読する草間さんの声が響き渡る。
幼少期にかかったはしかから誘発される点々模様に再三悩まされ、それがやがて現在の水玉模様の作品へ移行したという話は有名である。 草間彌生さんの特徴である水玉模様は、かなり早い時期から用いられていたようです。オフィシャルのバイオグラフィーには、10歳の頃既に水玉と網模様をモチーフにしていたことが書かれています。草間彌生 ニューヨークはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|