ウォーホルの頼りなげで怪しい姿|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ウォーホルの頼りなげで怪しい姿

70年代のウォーホルは、芸術家というよりはビジネス・アーティストとして、質や種類にこだわらず、旺盛に活躍の場を広げようとした。1970年の大阪万博では、アメリカ館に《レイン・マシーン》という大がかりな作品を設置した。
これはひな菊の写真をびっしりと並べ、その前に人工のアメを降らせるのものであったが、単調で印象に残らないものであった。ウォーホルは74年に来日した時、日本の生け花に興味があり、日本の菊の花が美しいと述べていることから、この菊はウォーホルが日本をイメージしたものであったのだろう。
さらに彼は、ビジネス・アートの実践として、エール・フランスやアブソルート・ウォッカといった企業の広告や宣伝に関わっている。専門の宣伝・広報係を雇ったことでウォーホルの知名度は上がり、テレビ出演も頻繁にこなし、連日のように銀髪の髪をつけた彼の写真や映像がマスコミに見られるようになった。
1979年にはケーブルテレビで「アンディ・ウォーホルのTV」をプロデュースし、それは商業的には失敗したものの毎週放映され2年間放送された。1983年には日本のTDKのテレビCMにも登場している。「アカ・アオ・キレイ...」とたどたどしい日本語を話すウォーホルの頼りなげで怪しい姿は、多くの日本人に記憶されているだろう。広告 ニュースピリットはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|