無限の網や水玉作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

無限の網や水玉作品

草間彌生はタブローや立体などを精力的に手掛ける中で、1979年に「靴をはいて野にゆこう」「幻の野に立ちて」の2点のシルクスクリーンを発表して以来、今日まで341点の版画を制作してきました。草間彌生(くさま やよい)は、1929年(昭和4)長野県生まれ。57年渡米。
ときの忘れものも版元として、今まで22点の版画をエディションしてきました。それら341点を全て網羅したカタログ・レゾネ「草間彌生全版画集 1979~2004」が、阿部出版より刊行されました。
59年頃から増殖する無限の網や水玉作品(ネット・ペインティング)、61年には性や食物をテーマにしたソフト・スカルプチュア作品を発表し、ポップ・アートや環境芸術の先駆となる。73年帰国。79年からは版画制作にも取り組み、シルクスクリーンや銅版、リトグラフなど精力的に制作している。
98年にはMoMA(ニューヨーク近代美術館)で草間のニューヨーク時代の作品による回顧展が開催され、現代を代表する女性作家としての地位を決定的なものにした。 以後、ヨーロッパ、アジア各国の美術館で大規模な展覧会が次々に開催されている。草間彌生「幻の野に立ちて」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|