草間彌生の生い立ち|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

草間彌生の生い立ち

草間弥生の「かぼちゃの神様」が宇宙っぽくみえた。「かぼちゃ」じゃなく見えたのは初体験。今回の展覧会には、会場内の数か所に写真撮影可能なスペースが用意されていた。荷物を預けるコインロッカーのところには、ご丁寧に「財布とカメラはお持ちください」などと書かれている。
ただ、カメラのことはまだしも、財布を持っていけというのはどういう意味だろう。展覧会場の出口にミュージアムショップが用意されていることは、誰でも想像がつくはずだ。いかにも「何か買って帰りなさい」といわんばかりで、大阪ならではの商魂のたくましさにはちょっと呆れてしまった。
ところで、なぜカボチャなのか? これは、草間彌生の生い立ちと大いに関係があるようだ。彼女が生まれたのは長野県松本市の裕福な家庭で、種苗(しゅびょう)業と採種業を営んでいたという。草間家はかなりだだっ広い畑地を所有していた。幼かった彌生は、立派に成長しているカボチャの実を見つけてもぎとった。
何とも愛嬌のある形をしたカボチャに私は魅せられた。私がカボチャに造形的興味を受けたのは、その太っ腹の飾らぬ容貌なのだ。そして、たくましい精神的力強さだった。それ以来、彼女はがむしゃらにカボチャを描きはじめる。後先のことは考えず、ひたすら描く。10代の終わりごろ、数個のカボチャを並べて描いた日本画で賞を受けたこともあるという。
意外なことに、草間はごく短いあいだ京都に住んで、日本画を学んでいるのである。そして、若いころの草間彌生をいちばん悩ませたのは、そんな自分自身の存在にほかならなかったのである。草間彌生 かぼちゃの神様はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|