草間彌生を代表する「水玉」のモチーフ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

草間彌生を代表する「水玉」のモチーフ

スケッチブックに描きためた「水玉」で彩られた作品を発表したことが有名になるきっかけとなりました。子供のころ、草間の頭の中では「水玉や網目が増殖し、すみれやカボチャが語りかけてきた」という。いわば幻覚に基づくそんな体験は50年代に渡米してからも、70年代に帰国した後も、イタリアで開かれている現代美術の世界的祭典「ベネチア・ビエンナーレ」の日本代表になった時も、そして現在も続いているようだ。
10歳のころから統合失調症を止んでしまい、幻覚や幻聴などの症状が幼い彼女を襲います。そんな症状から逃れるために、それら幻覚や幻聴を絵に書き留め始めました。これが、草間彌生を代表する「水玉」のモチーフの原点です。
統合失調症に苦しんだ草間彌生は「水玉アート」で国際的に有名になる。いまや統合失調症は精神病の一つとして、人々の認知度も高くなっていますが、当時はそんな認識が今ほどあったとは思えません。彼女にとって、幻覚や幻聴などの副作用に悩まされた幼少期は、決して生きやすい世界ではなかったことは明らかです。草間彌生「かぼちゃ」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|