ポップアートのアーティスト|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ポップアートのアーティスト

ポップアートのアーティストとして、数多くの傑作を描いたアンディ・ウォーホル。彼の多大な作品群の中でも、キャンベル・スープ缶のシリーズは、もうおなじみです。
では、なぜウォーホルは、モチーフにキャンベルのスープ缶を選んだのでしょう?理由はじつにシンプル。「僕は自分が美しいと思うものを、いつも描いているだけです。(中略)僕はスープを描いていますが、それは僕がスープを好きだから。」
ウォーホルがスープを好きになったのには、実は、ちょっとした背景があります。ウォーホルの母親は、毎日毎日、食卓にキャンベル・トマトスープを出しており、その影響からか、ウォーホルは大人になってもキャンベル・トマトスープをずっと食べ続けていたそうです。
「今日のスープは用意しましたか。1日1回、毎日スープ、もちろんキャンベル・スープ」という1958年に使われていたキャンベル・スープのコピー通りの食生活をウォーホルは送っていたわけですね。ウォーホル キャンベルスープⅡはコチラよりご確認下さい。
2015年5月5日放送|開運 なんでも鑑定団「第6回 青春の思い出鑑定大会」
キース・ヘリングのイラスト付サイン
●キース・ヘリングのイラスト付サイン●ジャンル:西洋画・彫刻
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\300,000
【鑑定士総評】
書き込みが入ってしまっているのがマイナス。へリングは依頼品のようなものが結構多い。いわゆるストリート・アート、地下鉄構内の落書きや依頼品のようなメモ書きやTシャツ、レコードジャケットなど。身の回りの物に気軽に、アートって自由な物なんだという事を身をもって証明した作家。アートを通して皆と触れ合いたいという想い、愛に満ちた世界を作りたいという想い、それを実際に依頼品のような形で実践していた。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|