20世紀を代表するアーティスト|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

20世紀を代表するアーティスト

アメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手。消費社会と大衆文化の時代を背景に活躍し、銀髪のカツラをトレードマークとし、ロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛け、ジャンルを超えたマルチクリエーターとして20世紀後半を代表するアーティストです。
20世紀を代表するアーティスト、故アンディ・ウォーホル。キャンベル・スープやマリリン・モンローを描いた作品で知られ、「ポップ・アート」と聞いて最初に彼を思い浮かべる人も多いだろう。
ウォーホルに関するクルマと言えば、BMWアート・カーとして彼がBMW「M1」にペイントを施した1台が有名だが、今回は、米オークションサイト「eBay Motors」に出品された、ウォーホルの愛車だった1974年式ロールス・ロイス「シルバー・シャドウ」をご紹介しよう。
ウォーホルは自動車の運転免許を持っていなかったとのことだが、当時最も高級だったロールス・ロイスを購入。ジャクリーン・ケネディなど著名な友人たちが同車のハンドルを握り、彼を乗せて走ったという。1987年のウォーホルの死後、同車はオークションで7万7,000ドル(当時のレートで約960万円)で落札され、その後現在の所有者に転売された。
このシルバー・シャドウは、写真では一見ブラウンに見えるかもしれないが、ボディはウォールナットとブラックにペイントされ、室内はブラックの革張りとなっている。当時ロールス・ロイスの主力だった6.75リッターV8エンジンを搭載し、トランスミッションは3速AT、走行距離は約5万6,000マイル(約9万km)とのこと。
また、実際にウォーホルが購入したことを示す、「ウォーホル・エンタープライズ」の名前が記されたロールス・ロイスの発注書のコピーや、整備の記録も付属しているそうだ。
ウォーホルが所有していた高級車というわりには入札は集まらず、同車は開始価格の8万9,000ドル(約907万円)で落札された。BMW M1のようにウォーホル自身が車体にカラフルなペイントを施していればもっと高値が付いたに違いない。ウォーホル「フォルクスワーゲン」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|