現代アート |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

現代アート

●社交界のスター

社交界のスターとして夜毎華やかなパーティを渡り歩いていたウォーホルが、その一方でこうした作品を制作していたことは興味深い。表層的なパーティの裏側にある空しさを誰よりも愛し、そうした表層性を作品にしてい・・・・・・・・・

●雑誌や通信社のインパクト

60年代のウォーホルが成功した要因は、雑誌や通信社のインパクトとのある写真を用いたことにあるといえるが、70年代と80年代のウォーホルの美術作品にめぼしいものが少ないのは、すでにテレビのような動画の時・・・・・・・・・

●ウォーホルの頼りなげで怪しい姿

70年代のウォーホルは、芸術家というよりはビジネス・アーティストとして、質や種類にこだわらず、旺盛に活躍の場を広げようとした。1970年の大阪万博では、アメリカ館に《レイン・マシーン》という大がかりな・・・・・・・・・

●アメリカの芸術や大衆文化

いうまでもなく、ウォーホルは20世紀を代表する巨匠である。ピカソが20世紀の前半を代表するアーティストだとするとすれば、20世紀後半を代表するのがウォーホルだといわれるほどだ。 20世紀後半は、東西冷・・・・・・・・・

●アメリカの芸術や大衆文化を体現

20世紀後半は、東西冷戦の中でアメリカ文化が世界を風靡した時代であったが、ウォーホルはこのアメリカの芸術や大衆文化を体現した人物であった。長らく芸術を見下したヨーロッパでも、1970年代からウォーホル・・・・・・・・・

●美術に疎い若者にも人気がある

アンディ・ウォホール(1928~1987)は、日本でもよく知られたアメリカのアーティストである。美術の世界ではすでに巨匠として殿堂した感があり、美術に疎い若者にも人気がある。 キャンベル・スープ缶やマ・・・・・・・・・

●無限の網や水玉作品

草間彌生はタブローや立体などを精力的に手掛ける中で、1979年に「靴をはいて野にゆこう」「幻の野に立ちて」の2点のシルクスクリーンを発表して以来、今日まで341点の版画を制作してきました。草間彌生(く・・・・・・・・・

●カボチャをモチーフにした作品

草間彌生さんのアート作品の中でも代表的なものが、直島にある『赤いかぼちゃ』『黄色いかぼちゃ』です。立体作品では、いちばん有名な作品だと思います。これが『赤かぼちゃ』。 草間彌生さんの1994年の作品で・・・・・・・・・

●草間彌生の生い立ち

草間弥生の「かぼちゃの神様」が宇宙っぽくみえた。「かぼちゃ」じゃなく見えたのは初体験。今回の展覧会には、会場内の数か所に写真撮影可能なスペースが用意されていた。荷物を預けるコインロッカーのところには、・・・・・・・・・

●草間彌生を代表する「水玉」のモチーフ

スケッチブックに描きためた「水玉」で彩られた作品を発表したことが有名になるきっかけとなりました。子供のころ、草間の頭の中では「水玉や網目が増殖し、すみれやカボチャが語りかけてきた」という。いわば幻覚に・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|