マイセンの造型の基礎|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

マイセンの造型の基礎

1709年、ヨーロッパで初めて白磁の製造に成功したのがマイセン窯。それまで磁器は東洋から輸入されたものばかりで、王侯貴族のみが手にできる大変な貴重品でした。
当時のザクセン(今のドイツ)侯であったアウグストの命令により9年の歳月をかけて研究された結果、白い磁器が誕生。以来マイセンはヨーロッパ最古の窯として、世界的な名声を得ています。
「青い双剣」と呼ばれる剣のマークは、その秘法が外にもれないようにするという意味があるとか。今でも絵付けは誇り高き職人たちによってすべて手描きで行われており、その伝統に培われた美しさは広く人々の憧れとなっています。
白磁に白鳥や鷺のレリーフが刻まれ、取手にはドルフィン、蓋のつまみは蝸牛の優雅なシリーズです。オリジナルはハインリッヒ・フォン・ブリュール伯爵(1700~1763年)のためにつくられました。
このスワンサービスは1737~41年にマイセンの造型の基礎を築いたヨハン・ヨアヒム・ケンドラーにより型が作られました。白磁に刻まれた何羽もの白鳥はとても美しく、絵とはまた違った「趣」を感じます。
マイセン スワンレリーフカップ&ソーサはコチラよりご確認下さい。
2015年11月24日放送|開運 なんでも鑑定団 「IN茨城県 北相馬郡 利根町」
マイセンのモンキーバンドのフィギュア8体
マイセンのモンキーバンドのフィギュア8体●ジャンル:西洋アンティーク
●鑑定士(阿藤芳樹)の出した金額:\3,300,000
【鑑定士総評】
本物に間違いない。モンキーバンドは18世紀から現代まで作り続けられており、全部で22体ある。依頼品は主に19世紀半ばくらいに作られたもの。最も評価が高いのはピアノを弾いている猿で60万円。指揮者も高いが、指先と楽譜を持った手に修復があるので50万円。トランペットを吹いている猿(20万円)だけが現代もの。19世紀のもので全22体が揃ったら1200万円くらいつけられる。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|