ガレのパリ万博に出品された作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ガレのパリ万博に出品された作品

ガラス工芸の天才・・・・・エミール・ガレ(仏 1846~1904)。ガラス工芸を芸術の領域まで高めた天才、その作品群は強烈な魅力に充ちていた。
  200点を超える展示品をじっくり見て回るのに、1時間少々の時間では足りなかった。そこで、有名な作品を集中的に見ることにした。つまり、部屋の中心の目立つところに置いてある作品などである。
  3月20日にはNHK教育テレビの「日曜美術館」で「エミール・ガレ展」を特集していた。残念なことに、気が付いた時は半分以上が終わっていた。また、東京12チャンネルの「美の巨人」で、この後に触れる「手」をテーマに放映したようだ。こちらは全く見ることが出来なかった。両番組ともしっかり見ておけば、もっと良かったのに・・・・・・。
壺(トケイソウ) エルミタージュ美術館 高さ63.5cm。この展覧会のポスターを飾る作品。部屋の中央に飾ってあった。1902年フランス大統領エミール・ルーペがロシア皇帝訪問の際に持参したものだという。
解説にボードレールの詩が書かれているとあった。裏側に回ってみたら、やっと分かる程度に文字が刻まれていた。内容は「われわれの心から太陽を引き出すために/われわれの燃える思いから心地よい空気を生み出すために」ということだそうである。
ここのエリアはなぜか空いていて、あらゆる角度からじっくり眺めることが出来た。やっぱり、きれいである。しかし、エルミタージュ美術館では、知らないで行ったら、見過ごしてしまうかも知れない。
花器「フランスの薔薇」 北沢美術館 高さ43cm。 ガリアと命名された品種の薔薇が、決して絶えることのなく素朴な赤い花を咲かせる続けたことを、ガレは強く訴え、郷土愛のシンボルとしてこの花を描いた。
ということであるが、そのようなことは考えなくても、ただだ美しさに見とれるばかりである。造形も極めて独創的である。ガラスでこのようなものが出来るのだろうか。現在でも、同じものを作る技術を持っている人は、ほとんどいないのかも知れない。 ガレ 買取
2013年11月12日放送|開運 なんでも鑑定団「歴代高額鑑定ゲスト大会」
ガレの飾り壺
●ガレの飾り壺
●鑑定士(田中健)の出した金額:\6,500,000
【鑑定士総評】
1925年のパリ万博に出品された作品の一つ。エミール・ガレは1904年に亡くなるが、その跡をガレ工房が引き継ぎ、万博出品にあたってより立体的な、より力強い物を作ろうとして開発した技法で作られている。依頼品は状態が良く、当時のまま。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|