鑑定してもらった場合どのような評価を下される?|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

鑑定してもらった場合どのような評価を下される?

Q:鑑定してもらった場合どのような評価を下されるのですか?
投機目的で値段が釣り上がった芸術作品を「開運!なんでも鑑定団」で鑑定してもらった場合どのような評価を下されるのですか? 外国では投機目的で数億円、物によっては10億円を超えるものもあります。それがそのまま芸術作品の値段の査定、評価になるのでしょうか?
もちろん、ある程度市場の流れに乗らなければピカソもゴッホも現在どういう評価をされていたかは分かりません。ですが、明らかに投機目的でしかない、芸術を追求しようとしていない、歴史的価値もない作品が、今までの歴史的価値のある芸術作品を凌駕しているのがよく理解できません。マネーゲームでも市場で値段が跳ね上がれば、それが芸術的価値となるのでしょうか?技術が伴っていなくても「起業家」としての才能があれば後世に名を残せる時代なのでしょうか?
A:最終的にはちゃんと正当な評価がされるものだという事がわかりますよ。
たぶんぼくだけでなく一般の美術好きなひともそうかもしれませんが、鑑定団で知っている洋画家の作品が出ると大抵価格が予想通りだったりします。投機目的だろうと純粋なコレクション目的であろうと、何らかの裏付けというか、その作家のそれくらいの作品がどの程度の価格になるだろうという根拠みたいなものはあるわけです。
例えば、その作家の残した作品数が極端に少なかった場合、その希少性というものも当然価格に上乗せされますし、それは本来のその作品の善し悪し以外の要素なわけですよね。でもそういうことって日常にもよくある事ですし、普通の事なんだと思います。それに美術の世界にいると、作品の価値と実際の価格と釣り合わない事はよくあります。昔、草間彌生さんの作品がもの凄く安いなぁ~と思った時がありました。
そういう事ってよくあるわけで、もちろんその逆もあります。こんな作品、いまこんな高値で買っても数年後には誰も覚えていないだろうなぁ・・・という事もあります。まぁ、そういう事って美術の世界だけでなく、よくある事なんだと思います。 一般のひとは、美術作品の価格が新聞やテレビで話題になると大騒ぎをしますけど、実際に美術をやっているひとたちはあまりそういう事には興味ないものです。価格が高いからその作品に影響を受けるわけではありませんし・なが~く美術の世界にいれば、最終的にはちゃんと正当な評価がされるものだという事がわかりますよ。
美術の世界の人間はそんなにバカばかりじゃないわけです。絵を描いているひとって世界中にもの凄い数いると思うのです。そのなかで後世に名を残せるひとはほんの僅かです。 査定会社の選定方法はこちらも御参照ください。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|