絵画の遺産相続の際に先ず行なう事|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

絵画の遺産相続の際に先ず行なう事

Q:父が亡くなり遺品に絵画が何点かあり、他の兄弟が全部売ると言っています。思い出もあるので幾つか譲り受けたいのですが、買い取らないといけないでしょうか?
A:まずは絵画の遺産価値に関してその評価額を確認しましょう
お父様がお兄さんや兄嫁さん、親戚、他に借金を残して亡くなられたような場合を除いて、相続人全員の合意が無ければ、兄嫁さんが遺品を勝手に現金に換えたり出来ないと思いますが・・・。「絵を売る前に、どのように遺産を分割するか決めませんか?」と提案なさってはいかがでしょうか?
で、話し合いの際に、「預貯金類でなく、思い出もあるので幾つか絵を譲り受けたい。」と、希望を伝えればいいのでは?ただし、全員が納得できる分割にするためには、絵にどのくらいの値打があるかの査定を受ける必要があると思います。
査定会社はいくつかありますが、査定の際のポイントは下記を参照にされてください
●絵画買取の専門店に査定依頼を行なう
●絵画の買取実績が豊富である会社に査定依頼を行なう
●数社で査定依頼を受けてみる
査定金額を受けて分割分の金額を買い取りするか否かを決定しても決して遅くはないかと思います。また絵画等の遺産相続に関してはこちらのサイトに詳しい内容が記載されておりますので是非とも御参照にされてみてください
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|