絵画売却Q&A |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

絵画売却Q&A

●アメリカの芸術や大衆文化を体現

20世紀後半は、東西冷戦の中でアメリカ文化が世界を風靡した時代であったが、ウォーホルはこのアメリカの芸術や大衆文化を体現した人物であった。長らく芸術を見下したヨーロッパでも、1970年代からウォーホル・・・・・・・・・

●浮世絵は比較的海外でも知られている

輝くような月光を受け、美しく白々と浮かび上がるスルタンアフメト・モスク。青い装飾で彩られた姿から、ブルーモスクとも呼ばれています。 シルクロード文明の十字路・イスタンブールの夜が、静かに更けていきます・・・・・・・・・

●日本画家、片岡球子画伯

日本画家、片岡球子画伯の白寿(99歳)を記念して日本橋三越で片岡球子展が行なわれた。歴史上の人物を描いた面構(つらがまえ)シリーズや富士山が有名な山シリーズの作品が紹介されていました。 50歳までは小・・・・・・・・・

●ウォーホルの数々の作品

ウォーホルの数々の作品の中には、プリクラの写真のシートのように、また裁断前のお札のシートのように同じ絵が整然と並んでいるものがある。 しかし、よく見ると、同じラベルを何枚も貼ったかのように見える絵の・・・・・・・・・

●ポップアートのアーティスト

ポップアートのアーティストとして、数多くの傑作を描いたアンディ・ウォーホル。彼の多大な作品群の中でも、キャンベル・スープ缶のシリーズは、もうおなじみです。 では、なぜウォーホルは、モチーフにキャンベル・・・・・・・・・

●澄んだ色彩、明快な造形によって生まれた作品

大津市まれ。1920年、安田靫彦に師事。37才の時に女性として初めて日本美術院の同人となる。1980年文化勲章を受章。骨太な線描、澄んだ色彩、明快な造形によって生まれた作品は理知的で人間的な温もりに満・・・・・・・・・

●クリスチャンラッセン来日展

美術界からなぜラッセンが忌み嫌われるのか、理由はさまざまだ。本書によると経済的な成功への嫉妬や、画面を埋め尽くす過剰な演出など挙げられているが、何より「ヤンキー受け」することだろう。彼が描くマリンアー・・・・・・・・・

●荻須高徳のリトグラフに縁がない

同居人はちょっと粋な男だった。フランス文学を愛し、部屋の壁には荻須高徳のリトグラフが何枚かかけてあった。訳あって、間もなくお別れをしたが、手切れ金代わりに1枚持って行って良い、と言ってくれた。生後数ヶ・・・・・・・・・

●絵画の遺産相続の際に先ず行なう事

Q:父が亡くなり遺品に絵画が何点かあり、他の兄弟が全部売ると言っています。思い出もあるので幾つか譲り受けたいのですが、買い取らないといけないでしょうか? A:まずは絵画の遺産価値に関してその評価額を確・・・・・・・・・

●鑑定してもらった場合どのような評価を下される?

Q:鑑定してもらった場合どのような評価を下されるのですか? 投機目的で値段が釣り上がった芸術作品を「開運!なんでも鑑定団」で鑑定してもらった場合どのような評価を下されるのですか? 外国では投機目的で・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|