骨董品(陶磁器)影響力を与えた陶芸家|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

骨董品(陶磁器)影響力を与えた陶芸家

加守田章二(かもだしょうじ)はどんどん作風が変化していったために、灰釉を使った若いときの作品は少ないという。昭和34年の26歳の時に、栃木県益子の休眠している窯を借りて独立した時に焼いたものと思われる。 高台には窯の中でくっつかないように貝殻を置いている。
20世紀陶芸界の鬼才と呼ばれた加守田章二氏は49歳の若さで白血病で亡くなりました。亡くなられて20年以上経った現在でも、時々「加守田章二展」は開かれ、多くの人々を感動させ続けています。せめて、後数年でも長く生きてくれたらなら、もっと多くの作品が見ることが出来たのです。本当に残念です。
陶芸の盛んな町に行くと、加守田章二氏の影響を受けたと思う現在作家の作品を多く見ることが出来ます。(別の言い方をすれば真似をした作品です)私も、加守田章二氏が一時期製作していた"曲線彫文"を手がけています。
加守田章二氏を知る人からは「加守田章二風だね」と言われますが、加守田章二氏を知らない人からは「モダンですね」と言われます。どちらの人からも評判は上々です。曲線彫文は焼締めにとても良く合います。現在の陶芸家に最も大きな影響を与えた人物は「加守田章二氏」ではないでしょうか。加守田章二氏は感動的な作品を数多く残しています。 加守田章二 買取
2012年2月14日放送 |開運 なんでも鑑定団「in 大阪府泉佐野市」
加守田章二の花器
●加守田章二の花器
●鑑定士(中島誠之助)の出した金額:\2,000,000
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|