骨董品 作家ページ |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

骨董品 作家ページ

●柿右衛門様式

柿右衛門様式は、染付を伴わない純白の磁肌に、赤色を主とした軽やかな上絵付けが施されていることが特徴です。本作でも、羽毛部分に一部白地を残しながら、黒で輪郭線を引き、赤・黄・緑・青・黒で羽根を塗り分け、・・・・・・・・・

●女性美をとおして描かれる

掛行燈がほんのりともっている春の宵。料亭の中庭をのぞむ廊下での一場面であろうか。駆け寄って耳打ちをする女性、その言葉を静かに受けとめる女性の、ゆとりのあるまなざし。 着物の裾に雅やかな夜桜があり、ほの・・・・・・・・・

●川合玉堂 行く秋

偶庵とも号す。少年時代を岐阜市でおくり、20年十四歳とき京都に出、望月玉泉に入門する。玉舟の雅号を受けるが、23年玉堂と改めて本格的に画家を志し、高野楳嶺の画塾大成義会に参加、四条派を研鑚する。 内国・・・・・・・・・

●有田でも最も有名な様式

有田でも最も有名な様式です。この様式の作品の多くがヨーロッパヘ輸出され、ドイツのマイセン窯をはじめ、ヨーロッパ陶磁器に影響を 与えたことで高く評価されています。乳白色の素地に、余白をいかした上絵付け(・・・・・・・・・

●歴代で最も美しいと言われたのが十四代

1610年代に始まった有田での磁器生産は当初、白磁や青磁のほか、白地に藍色で図柄を描く染付などだったが、1640年代に中国人から学んだ色絵が登場する。 一度焼いた後に色彩豊かな文様を描いて再び焼く手法・・・・・・・・・

●十四代今泉今右衛門

今泉今右衛門さんは、江戸時代に佐賀・鍋島藩の御用窯「鍋島藩窯」の御用赤絵師を代々務めていた今泉家に次男として生まれた。鍋島藩窯では、民間の窯で焼かれていた「伊万里焼(古伊万里)」とは別に、販売を目的と・・・・・・・・・

●誰も真似のできない傑作

なんでも鑑定団に大野昭和斎ー玉椿杢目沈金折紙香盆がでました。地元の銘木ファンの私には嬉しい事でした。高額な評価に、現物を手に持った経験のある私はその時の興奮がよみがえりました。 肥松材の感覚で持ったと・・・・・・・・・

●横山大観が最も愛飲した酒が三原市の醉心

横山大観が最も愛飲した酒が三原市の醉心でした。大観にとって醉心は主食であり、米の飯は一日を通じてわずかに朝お茶碗軽く一杯程度のもので、後は全部醉心でカロリーを取っていたといわれています。 大観とのつな・・・・・・・・・

●西洋式絵画を手がけた作家

大正から昭和初期にかけて活躍した近代日本を代表する洋画家。様々な表現様式を会得しながら辿り着いた、無骨な写実的描写によって対象に宿る深い精神性を鋭く見抜き表現する独自の絵画様式を確立し、『道路と土手と・・・・・・・・・

●前田青邨の絵の価値

前田青邨燕子花 明治から昭和に掛けて洋風化の波が押し寄せ、美術界においても混迷と試行錯誤のなかにあって、新しい日本画の確立に功績を残した画家、『前田青邨』を今回は取り上げてみました。といっても、前回、・・・・・・・・・
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム
女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|