シャガールの作品の魅力|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

シャガールの作品の魅力

ロシア、現在のベラルーシ共和国にある寒村ヴィテブスクの貧しいユダヤ人の家庭に生まれ、帝都ペテルブルグの美術学校で学ぶ。1910年から14年までパリに住み、詩人サンドラール、アポリネールらと親交を結ぶ。キュビスムの空間的効果、ドローネーらの鮮烈な色彩表現に影響を受けたが、子供の頃の記憶からイメージを引き出し、詩的で豊穣な、シャガールならではの幻想的な様式を展開。
1914年、ベルリンの表現主義の牙城シュトゥルム画廊で個展を開催、その後も同画廊と関係を保ち、ドイツ表現主義の運動に影響を与える。二度にわたる世界大戦の戦火や、ヨーロッパ中を踏みにじったナチ政権によるユダヤ民族迫害、アメリカへの亡命、制作の霊感の源であった愛妻ベラの死去など、さまざまな苦難を乗り越えて画業を深め、世界中の人々に愛と希望を与え続けた。
1950年から南仏のヴァンスに定住し、晩年にいたるまで旺盛な制作意欲を発揮したが、1985年に惜しまれつつ逝去。享年97歳。1949年以降亡くなるまで、専ら南仏に居を構え、油彩画、版画、陶器、さらにステンドグラスなど、幅広いジャンルに挑戦し、色彩画家としての名声を確固たるものにする。
その頂点とも言うべきは、ともに1964年に完成された、ニューヨークの国連本部を飾るステンドグラス《平和》と、パリ・オペラ座の天井画である。97歳の長寿を全うし、死の直前まで筆を執り続けたシャガールは、1985年3月28日その生涯をサン=ポール=ド=ヴァンスで終えた。
シャガールの作品の魅力を高めるのは、生まれ育ったユダヤの世界が持つ民俗的なイメージと、決して色あせることのない甘美な色彩との融合であり、その様式は第一次世界大戦前に確立して以降、生涯ほとんど変わることがなかったと言ってよい。
終生ベラルーシの画家として認知されることを望み、「私の作品で、祖国への郷愁に彩られていない部分は小指の先ほどもない」(1934年)と語るシャガールの作品には、常に故郷ヴイテブスクへの思いがにじんでいた。シャガール 緑の枝はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|