モーツアルトの『魔笛』|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

モーツアルトの『魔笛』

シャガールは、1887年現ベラルーシ共和国のヴィテブスクで、ユダヤ人の息子として生まれています。図録巻末の年譜を見ると、この同じ年、デュシャンとル・コルビュジェが生まれています。
今回のタイトルの文脈は、この生誕の地の人々や家々の風景や家畜たちをシャガールの原風景として捉え、ロシアのアバンギャルドの人たちからの影響がシャガールの創作活動の源流となって晩年まで影響を与えたということを重視して、ロシアの作家の中にシャガールを位置づける試みです。
シャガールは、ミハイル・ラリオーノフ、ナターリヤ・ゴンチャローワなどロシアの前衛作家(ロシア・アヴァンギャルド)の影響を受けつつ、年代を追って作品を観ていくと、明らかにファン・ゴッホ(印象派)、ゴーギャン((ポスト)印象派)、セザンヌ((ポスト)印象派)、マティス(フォービズム)、キュービズム(ピカソ・ブラック)などの影響を受けていることが分かります。
この時代のさまざまな芸術の潮流に影響されながらも、シャガールがロシアのバナキュラーなアイデンティティを失わずに、彼独自の絵画が形成されていく軌跡を、この企画展で垣間見ることができました。
シャガールのパリ時代初期の大作「ロシアとロバとその他のものに」は、彼にとってもエポックといってよい作品ではなかったかと思います。その絵は、ロシアのバナキュラーな雰囲気を持ち、そして独特の構図や色使いなどが、彼のその後の絵の展開を暗示させるようです。
1940年前後から、私たちがシャガールに抱く雰囲気を持った作品群を、数多く製作しているように思います。1944年、最愛の妻ベラが亡命先のアメリカで急逝し、その悲しみの中、1945年に1933年に描いた「サーカスの人々」を二つに分割し、左半分を描き直した作品が「彼女を巡って」です。
1933年に描かれた『サーカスの人々』の左半分を元に『彼女を巡って』は描かれた「家族の顕現」もかつて描かれた作品を、かなり手直しをして完成されています。
左に画家自身を描き、その背後に追憶の家族や最愛のベラを描き、その足元には月夜の故郷ヴィテブスクの町並みが描かれています。絵の中に、時空を越えて、彼の愛する対象を彼の周囲にちりばめた作品と言えます。
家族の顕現(1935~1947年)...シャガールはかつて描いた絵を、何年も後まで手を加え、時には異なる作品としている1966年から1967年、ニューヨークにあるリンカーン・センターのメトロポリタン歌劇場の演目であるモーツアルトの『魔笛』の装飾と衣装などの舞台芸術をシャガールが担当しました。
今回、その時にシャガールがデッサンした素描が展示されていて、タブローとは異なる活き活きとした作品として、目を楽しませてくれます。シャガールが担当した歌劇モーツアルトの『魔笛』の素描。
20数年前、金鈴画廊の岡田さんから購入したシャガールのリトグラフ「魔笛Ⅰ」を、私は自宅の廊下に飾っています。エディションとサインが入ったリトグラフで、このシャガールの版画を目にしながら生活しているので、シャガールは私にとって身近に感じる作家の一人です。シャガール 魔笛Ⅰはコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|