マイセンの絵付けを直に見ることができました|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

マイセンの絵付けを直に見ることができました

マイセンの絵付けを直に見ることができました。極細の面相筆で猿の色付けをされていました。私は手前に置いてあった「チョコレートを運ぶ女」の淡い色合いが気になった。
何百万円の陶磁器が大量に展示されていて、地震でも揺れたらそごうさん大変だろうなあ。。と思いました。ウッツの像もあって、嬉しかった。「マイセン幻影」はDVD化されないのかしら。大好きな映画だったんだけど。私はギリシア神話モチーフのマイセンのフィギュアが好きなのですが、それはあまりなかった。
「親鸞」も読まなくては。「坂の上の雲」に意外と時間がかかって。。歴史物は苦手だ。でもこれ、日本の戦争前後の歴史が丁寧に書かれててわかりやすい。食器を売っている店では、皿は皿、茶碗は茶碗、カップはカップ、で並べているでしょう? 店によってはメーカーごとに、マイセンならマイセン、だけまとめて並べていたりもします。
そこには皿もカップも一緒に置いてあるでしょう、同じ柄のものが......。なぜそうするかというと、そこには「目的」があるからです。分類体系をつくるときには、必ず「目的」があります。その目的がはっきりしないのに分類すると、よくわからない、意図が見えない、従ってよくわからない、やっても意味のない、逆にかえって混乱する分類になってしまうのです。
ゲームで言えば、「落ちもの」系ということばは、「テトリス」や「ぷよぷよ」みたいなゲームをなんとかひとまとめにしたい!という「目的」があって、初めて発明されました。分類には必ず「目的」が必要なのです。マイセン 読書はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|