シャガール木霊|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

シャガール木霊

1911年5月、シャガールは念願のパリに出ました。当時、パリでもっとも前衛的な美術運動はキュビスム(立体主義)でしたが、シャガールはこの「形態の革命」に鮮やかな色彩を加え、独自の画法を確立していきました。
ロシア時代の暗い作風に訣別し、パリで大きく変貌を遂げた「色彩の画家」シャガールがその本領を発揮し始めたのです。にぎやかな喧噪(けんそう)と音楽が聞こえてきそうなシャガールのサーカス。
楽しげな観客の姿からは、高揚したざわめきが聞こえてくるようです。彼らが囲む華やかな舞台の中央では、不思議な格好をした道化師がこちらを見つめています。
  この作品からはシャガール自身の物語を読み解くことができます。シャガールは1887年、東欧ベラルーシのビテブスクに生まれました。そこには多数のユダヤ人が暮らしていました。
彼らの多くが信仰するのは、ユダヤ教の中でも生活に密着した神秘主義ハシディズムです。彼らは聖書や律法ばかりでなく、歌謡や音楽なども重視します。そうした中から生まれたのがクレズマー音楽でした。
  クレズマーとは東欧ユダヤ独特の音楽および演奏者の呼び名です。クレズマー音楽に欠かせない楽器の一つがバイオリンでした。ビテブスクなどのユダヤ人街の冠婚葬祭ではバイオリンの音色がいつも流れていたといいます。
ロシアの結婚式(1909年)など、シャガール初期の作品には、バイオリン弾きが度々登場します。再びシャガールのサーカスを見てみましょう。中央の道化師はバイオリンのような恰好をしています。
自ら弓を持ち、音楽を奏でているようにも見えます。その調べは郷愁や哀愁を誘うようなクレズマー音楽だったのかもしれません。シャガールが親しんだクレズマー音楽はどのようなものだったのか。一説には「マイムマイム」や「ドナドナ」もクレズマー音楽の系譜といわれているようです。シャガール 木霊の作品情報はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|