ガレのガラス作品|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ガレのガラス作品

ガレのガラス作品は、従来のガラスの常識を覆すものでした。涼しげで混じりけがなく、どこまでも透明であることがガラスの命であったとすれば、ガレはことごとく、そのタブーを打ち破ったのです。
不純物を入れ、気泡を作り、また色ガラスを被せることで作品は不透明になりました。そして当時フランスにも紹介されていた日本の墨一色で書かれた絵画――水墨画に強い魅力を感じ作品づくりに取り入れました。
生命の輝きと、そのはかなさ、善と悪、人間の心の奥に潜む苦悩、葛藤、それらを花や草、昆虫など自然をもって黒で表現したのです。さらに詩を刻むことで表現はより豊かさを増したのでした。
さまざまに色あざやかな展示品が並ぶ会場で、ガレの黒いガラス作品は、観衆を圧倒し、驚きと感動を誘ったに違いありません。人々はそこにガラス工芸品ではなく、ガラスの芸術品を見たのです。
そしてガレは、ガラス部門で見事グランプリを獲得しました。後に自ら黒いガラスシリーズに「悲しみの花瓶」と名づけ、それは更なる反響を巻き起こしました。ガレの作品はコチラよりご確認下さい。
2013年1月29日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 山口県防府市」
ガレの花入れ
●ガレの花入れ
●鑑定士(阿藤芳樹)の出した金額:\800,000
【鑑定士総評】
ガレの第2期工房(1904~1914)で作られたカメオ技法の舟形鉢。箱に書かれた「ゲール」とはガレ(GALLE)のことであろう。半透明の地に乳白色、その上にグリーンとブルーのガラスを重ねてある。4層もの色を重ねているのは珍しい。また内側にも彫刻が施されているのも大変珍しい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|