彼の死に対する不安を表現|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

彼の死に対する不安を表現

ウォーホルの友人であり、メトロポリタン美術館の学芸員補佐だったゲルツァーラーは、ウォーホルに事故の記事が載った新聞を渡して、いいました。「スープやコーラ瓶を描いている場合じゃない。これが今まさに起こっている現実なんだ!」
そこで、ウォーホルはその新聞記事を元にした作品「129人ジェット機事故で死亡」を描きました。さらに、彼は続く数年間にわたり、身の毛もよだつ種類の報道写真を元にした絵画を制作しました。それは、致命的な自動車事故、自殺、ニューヨーク刑務所の電気椅子、広島の原子爆弾の爆発、暗殺された夫の葬儀でのジャクリーン・ケネディー、バーミンガムでの人種暴動、腐ったマグロによる食中毒死した2人の主婦などでした。
これらのモチーフの大半は、色やサイズ、構図的なものなどの様々な種類のアレンジがされました。「死と惨禍」シリーズは、ウォーホルの異常なまでの事故死に対する恐怖から生まれたと思われます。
彼がそれほど死を恐れた理由のひとつは、子供の頃に受けたカトリックの躾でした。カトリック教徒にとって、同性愛は殺人と同種の憎むべき罪であり、罪人には死後の裁きによって永遠に続く地獄での生活が科せられるのです。このシリーズは単に彼の死に対する不安を表現するためだけでなく、その不安に対処する助けになるように描かれました。
ウォーホルは作品の中で、同じイメージを反復して使っています。彼はその理由について、ぞっとする映像も何度も見ているうちに、感覚が麻痺してきて何も感じなくなってしまうからだと語っています。ウォーホル 電気椅子はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|