超越する芸術性|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

超越する芸術性

ピカソの芸術中、最も評価の高い「青の時代」の最後、1904年に制作された作品。友人の画家リカルド・カナルスから銅版画を学んだピカソは、新品の銅板が高価だったため、彫刻家・画家のジュリオ・ゴンザレスが既に使用した亜鉛板を用いて、本作品を含む18点 の版画を制作した。
一連の作品に芸術性を見出した美術商ヴォラールは、1913年、15点の原版を買い取り(内1点は版の状態が悪く破棄)、メッキ加工を施し、『サルタンバンク』シリーズとして出版した。
初め和紙で30部弱が刷られた「貧しき食事」は、後に250部限定でヴァン・ゲルダー紙に刷られた。前者はほとんどが美術館に収蔵されて市場に出ることはなく、今回出品されるのは後者の内の貴重な1点である。
肘を付く女と盲目の男は、この時代のピカソの典型的なモティーフ。シャープな線は画面に隙のない緊張感を与え、2人の人物の交わらない視線は言いようのない孤独感を漂わせる。
キリストの血と肉を暗喩する卓上のワインとパンは、貧しき者が信仰によって救われる幸いを表す一方で、画面全体が発する力は感傷的な思いを超越する芸術性を獲得している。貧しき人々「サンタンバンク」はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|