色恋沙汰が旺盛だったピカソ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

色恋沙汰が旺盛だったピカソ

幼い頃の不遇な経験は、マリーナさんを長年、精神科に通わせ祖父の作品を見ることも出来なくしたそうです。現在、彼女は比較的安定していて、著書『マイ・グランパパ、ピカソ』でその不幸な幼少期と世界的に有名な祖父について語っています。
本当のところは分かりませんが、マリーナさんはピカソ家にまつわる数々の不幸の源を、著作や慈善活動により浄化したいと思っているのかもしれません。
ところで、孫娘により「巻き込む全ての人を不幸にした」と非難される巨匠は、一方では平和の象徴とされるハトをこよなく愛しました。ハトはピカソの重要なモチーフであり、その作品を制作する時は、妻も決してアトリエには入れなかったといわれています。
残された作品により、血縁に少しでも平和が訪れることは、あの世で巨匠も願うところかもしれません。色恋沙汰が旺盛だったピカソは、知られているだけでも2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を儲けた。しかし、彼女たちの多くは不幸な運命を辿っている。
最初の結婚相手オルガとは遺産の半分が無くなるという理由から彼女が死ぬまで離婚しなく、その葬儀にさえ現れなかった。また、その時に愛人だったマリー・テレーズはピカソの死後自殺している。最後まで付き添ったとされるジャクリーヌ・ロックも自殺した。
しかし、ピカソを唯一拒んだ女として知られるフランソワーズ・ジローだけは、芸術家として大成し、医学者と結婚してアメリカで幸せに暮らした。ピカソ オルガより B1465はコチラよりご確認下さい。
2011年12月27日放送|開運 なんでも鑑定団
ピカソのリトグラフ
●ピカソのリトグラフ
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\8,000,000
【鑑定士総評】
モデルとなったフランソワーズ・ジローが、ピカソとの生活も含めて自伝を著わしている。「花の女」という作品と同じ日に、ピカソはフランソワーズをモデルに11枚のリトグラフを描いたと書かれており、依頼品はその中の一点で、1946年6月14日に限定50部刷られたもの。ピカソの人生の中で最も充実していた時期に当たる。ピカソのデッサン力、対象を把握する能力はずば抜けており、依頼品もフランソワーズの美しさや内面を捉えて描いている。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|