ピカソ 翔びゆくはと |高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ピカソ 翔びゆくはと 

ピカソ自身は第二次世界大戦中に否定しだすのだが,彼はアヴィニョンの娘たちの制作に「アール・ネーグル(ニグロ美術)」を取り入れる前の少なくとも6カ月の間に,すでに言及したように「アール・ネーグル」を何例か見ていた。
しかし,その時は「アール・ネーグル」は彼に必要なものと関係なかったので,彼の印象に・・・ルソーとの初めの頃の出会いと同様・・・残らなかった。
ゼルヴォスや,《アヴィニョンの娘たち≫に「アール・ネーグル」の影響を全く見ない人々は,トロカデロでピカソが「啓示」を受けたのは絵を完成した後,1907年7月の末であるとする。しかし,その「啓示」は確実に6月で,《アヴィニョンの娘たち≫の最初の[イベリア風の]ヴァージョンをようやく完成した後であった。
このヴァージョンから最終的に残されたのは中央にいる二人の娘の部分だけである。実際,ピカソ自身も1937年のアンドレ・マルロー・・・との会話の中で,「アール・ネーグル」との関連で《アヴィニョンの娘たち》について語っている。
ピカソはその日,?トロカデロ宮殿の一翼棟を占める比較彫刻美術館にあるロマネスク彫刻の石膏複製像を見るために来たのだった。彼は以前にもここに来たことがあったから,その頃「プリミティヴ」とみなされていた美術に惹きつけられたのはおそらくなんらかの前兆だろう・・・有名なピカソの「予知」の一例で,ここではアヴィニョンの娘たちへの不満をなくすのに必要だと本能が告げる解決策に作用している。
とはいえ,彼はトロカデロのもう一つの翼棟を占める民族誌博物館は訪れたことが全くなく,自分で述べているように,そちらの翼棟に入っていったのは実際上掘りだし物を見つける才能のせいだった。だが,今から見れば,その訪問は彼を比較彫刻美術館へと導いた探究と論理的に連続しているように思える。
そのうえ,ピカソは民族学的資料に偶然出くわしたのも同然のように述べているが,建物は一方の美術館に入るにはもう一方から完全に出てしまわなければならないような配置になっていたのである。
民族誌博物館に入ると,彼は当時アフリカとオセアニアの彫刻にあてられていた巨大な円形ギャラリーを通過しなければならなかっただろうが,そのギャラリーには儀礼や戦争の際のポーズをした大きなマネキンが仮面と衣装を付けて展示されていた。
その場所がじめじめしてうすら寒く,いやな臭いがし,ひどい設備で全体的にみすぼらしかったことについて彼はいろいろ述べているが,それはおそらく円形ギャラリーよりも個々のギャラリーにあてはまるだろう。アフリカにあてられたギャラリーは当時とりわけひどい状態で,1895年に撮影された写真で見るよりもさらに乱雑にものが置かれていた。ピカソ 翔びゆくはと 1952年はコチラよりご確認下さい。
2012年6月19日放送|開運 なんでも鑑定団「IN 福岡県吉富町」
P・ピカソの銅版画
●P・ピカソの銅版画
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\800,000
【鑑定士総評】
1986年、ピカソが86歳の時に347点作ったシリーズの中の一点。このシリーズはピカソ芸術の集大成で、スペイン文学「ラ・セレスティーヌ」がモチーフ。銅版画で数が多くても、ピカソは値が下がらない。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|