色ガラスを重ねた4層の被せガラス|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

色ガラスを重ねた4層の被せガラス

透明地に黄色と紫がかった青色の色ガラスを重ねた4層の被せガラス。エッチング(酸による腐食彫り)で満開の藤の花を彫刻しています。大ぶりな笠の厚みはわずか4ミリしかなく軽量化が図られています。
1904年にエミール・ガレが亡くなって以後、ガレ商会の工場で生産されたガラスは、職人芸を売り物にするカメオ彫り製品に集約されていきました。1910年代から20年代にかけて製造されたガラスの表現は、ガレ生前のものと比較すると、総じて類型化した単調な作例が多くなったようです。
色彩は黄色素地に赤、または緑や青を被せただけのものが多く、一見派手ではありますが深みに欠けるともいえます。エッチングも熟練のグラヴュール職人の彫刻技術に比較すると、平板な印象が残ります。
現代のアンティック・マーケットにおいて「工房作」という曖昧な言葉で呼ばれるこれらの大量生産品は、「ガレ」のブランドネームが付いてはいますが、実験と宣伝を兼ねて採算を無視して製造された、かつての少数限定作とは作られた目的が異なるものです。特注品と既製品の違いとでもいえばよいでしょうか。
もっとも、ガレの後継者の名誉のためにいえば、仕上げの工程を簡略化したといっても、デザインそのものは決して手を抜かれていたわけではありません。この作例がそうであるように、薔薇、クロッカス、芙蓉、藤、石楠花など、どの花もガレ生前のガラスに共通する洗練された優雅な表情を持ち、カメオ彫りによる繊細な感触の美を保っているのです。ガレ 芙蓉文花瓶はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|