ガレが24歳のときに出征した普仏戦争|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

ガレが24歳のときに出征した普仏戦争

エミール・ガレは フランス東部のナンシーで生まれました。そこは、パリから特急列車で3時間ほど、ドイツとの国境に近いロレーヌ地方にあります。
ガレが24歳のときに出征した普仏戦争は、フランスの敗北に終わり、アルザスとロレーヌ地方の大半はドイツ領となりました。ガレの作品には、ロレーヌ地方の象徴である(ロレーヌ十字)とともにアザミをモチーフにしたものが数多くあります。
ガラスの作品ばかりでなく、家具や陶器にも見られます。トゲだらけのアザミは、敵の襲撃を防ぐシンボルとして幾多の戦いで掲げられ、勇敢で我慢強く、独立心に溢れていることを表してきました。
歴代の戦いの中で引き継がれてきたアザミの紋章は、現在、ナンシー市の市章の中央に刻まれています。作品の数々に、ドイツ領となってしまった地が、いつか再び祖国復帰を果たしてほしいと願う、ガレの郷土愛の強さが見られます。
ガレは亡くなるまでナンシーの地にとどまり、ナンシーの産業を振興させ、ナンシーから新しい芸術を発信し、ナンシーで社会運動も続けました。そして、ナンシーの地に返っていったのです。
日本一高い、標高1,630メートルにある八島湿原は泥炭層8メートルとも言われ、約10000年かけて現在に至ったそうです。八島ヶ池の浮島の数は、多くなったり、少なくなったりすることから地元では七島八島と呼ばれ、親しまれています。
湿原は、白樺湖と美ヶ原を結ぶビーナスラインの沿道にあります。歩いて湿原を巡る散策道に入ると、次の世代を残そうと精一杯に咲く花、群がる昆虫、それらを捕まえようと網を張る珍しいクモなどを、まじかで見ることができます。中でもアザミはひときわ目立ちます。高原に吹き渡る風が、まっすぐ伸びた長い首を揺らしています。ガレ 薊とロレーヌ十字文花器はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|