20世紀最大の巨匠|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

20世紀最大の巨匠

スペインで生まれた画家、彫刻家です。ジョルジュ・ブラックとともにキュビズムを創始したことでも有名です。最も多才な美術科としてギネスブックに記されています。
20世紀最大の巨匠と呼ばれ、最も多作な美術家としてギネスにも登録されているパブロ・ピカソ。その孫娘マリーナ・ピカソさんが、相続した巨匠の絵7点を売却しようとしています。
その総額はなんと推定367億円ともいわれています。美術関係者を中心に話題を呼んでいます。今回市場に出る絵画は一般には公開されていませんが、1911年に描かれた『マンドリンを弾く女』と1921年の『母性』というタイトルの絵、また、ピカソの最初の妻となったオルガのポートレイトは必ず含まれているのではないかと憶測されています。
恋沙汰が旺盛だったピカソは、知られているだけでも2回結婚し、3人の女性との間に4人の子供を儲けた。しかし、彼女たちの多くは不幸な運命を辿っている。最初の結婚相手オルガとは遺産の半分が無くなるという理由から彼女が死ぬまで離婚しなく、その葬儀にさえ現れなかった。
また、その時に愛人だったマリー・テレーズはピカソの死後自殺している。最後まで付き添ったとされるジャクリーヌ・ロックも自殺した。しかし、ピカソを唯一拒んだ女として知られるフランソワーズ・ジローだけは、芸術家として大成し、医学者と結婚してアメリカで幸せに暮らした。子供(マリナコレクション)はコチラよりご確認下さい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|