革新的な手法に挑戦しつづけたピカソ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

革新的な手法に挑戦しつづけたピカソ

20世紀最大の画家と誰もが認めるパブロ·ピカソ(1881~1973)は、西洋美術史上の巨人の一人です。作品制作時期の表現として呼ばれる「青の時代」「薔薇色の時代」「キュビスムの時代」「新古典主義の時代」等の各時代の中で、常に視覚的認識の方法に革新を与えつづけ、90余年の生涯を通して2万数千点という天文学的な数の作品を遺しました。
絵画やデッサンばかりでなく、彫刻、陶器、版画、舞台衣装など、造形表現のあらゆるジャンルから詩や芝居に至るまで、極めて幅広い範囲にわたる作品を生み出しました。
「ピカソ銅版画347シリーズ」は、晩年の1968年に制作した、347点の膨大な連作版画の大作です。生涯の命題であった女性に対する「愛」を中心テーマとしながら、創造的イメージを展開させていると同時に、画家として生涯に取り上げた数々の題材を回顧している作品でもあります。
当シリーズは、既に86歳に達していた1968年3月16日から10月5日までの204日間で制作されたもので、その強靭な集中力には驚嘆せざるを得ません。
絵画とは比べようもないスピードで制作が可能な版画の世界のなかで、残されたわずかな時間に溢れんばかりの創造力を一気に爆発させ、なおも革新的な手法に挑戦しつづけたピカソの飽くなき意欲を、この作品群を通して感じることができます。ピカソ 347シリーズ L..330はコチラよりご確認下さい。
2012年2月14日放送 |開運 なんでも鑑定団「in 大阪府泉佐野市」
ピカソの銅版画
●ピカソの銅版画
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\2,000,000
【鑑定士総評】
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|