モーヌの大将アンドレ・ブラジリエ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

モーヌの大将アンドレ・ブラジリエ

半抽象化されたやわらかいフォームと明快な色彩を駆使し、自由自在で詩的な表現を得意とする。その画面は、簡素で色彩が明るく柔らかく、穏やかな感覚が満ちていて、フランス的なセンスが万人を魅了する。
ブラジリエの作品は、フランス・タルドノワ地方を背景に描かれたものが多い。フランス政府、パリ美術館、オランダ美術館などに収蔵されている。
「単純さが要求されるリトグラフは、絵画の出発点にあると思う」「生命を変容させることにより、物事を見たり、夢をみる手助けになる造形作品を作りたいのです。」
アンドレ・ブラジリエがその作品の最初に挙げるべき意味、最終的な目標、現代芸術におけるその主要な位置について語った言葉です。これらの彼の言葉は、彼を世界的に有名にしたローマ賞大賞(当時23歳)が彼の芸術的探求を導いたことを示しています。
というのも彼は、どこに行きたいのかを知っているだけでなく、その目的地に到着したことも知っています。彼の発言、言葉による概念形成は、芸術一般および彼独自の芸術に関する深い洞察の証明と言えるでしょう。
優雅さを醸し出す構成「構成が最も重要で、構成が決まれば絵というものは自ずと成立する」とアンドレ・ブラジリエは、宣言しています。彼は、まずキャンバスの構成(クロッキー、リトグラフ、ポスターなど)を行うという独特の考えを持っています。
彼は、先ず全体的な図を描写し、設定しますがそれは、力強くて釣り合いがとれ、最適の場所に置かれたマッス、力強い線、斜めに構成された画面などです。2次元の図で描かれた全体構成。
選ばれた色彩の鮮明なマッス、真っ先に目を引く力強く支配的なフォルム、中心を形成する巧みに描かれ中心をなすよう配置され、他の部分を保ち、引き締め、正当化する色斑。すべてを調査させるために最初に置かれるレンガ。
装飾的な要素の周りに完成に必要な補完、全体を安定させるために必要な視覚的要素(フォルムと色彩)が作品の完全性を目指して配されます。
芸術家による構成は、余力を使った大胆さであり、その構成の中に様々に変容し、効果的かつ現代的です。予想を超え、強烈で驚きをもたらすために導入され、愛好家の視線を奪い取り釘付けにします。
物理的な構成、数学的な処理は、自由を愛する魅力の敵に見えるかもしれませんがアナーキーで構わないではないですか。でも、アンドレ・ブラジリエは、この対立する2つの融合に成功します。
  • ピアノを弾く女性 アンドレ・ブラジリエ
    ピアノを弾く女性
  • 「モーヌの大将」マスカレードアンドレ・ブラジリエ
    マスカレード
  • 「モーヌの大将」学校の構内アンドレ・ブラジリエ
    「モーヌの大将」学校の構内
これが彼の特異性を持つ技量、巨匠の手になる成果であり、芸術の歴史における彼の独自性を示しています(図表の科学とは先ず絵画芸術であることを想起しましょう)。技術的な熟練は、プロの作品とアマチュアの仕事を直ちに区別するものです。
『一般的な平和(la paix generale)』を見ると、良い構成とは、各要素の間の力のぶつかり合い、穴、溝あるいは視線の喪失を排除した構成であることがわかります。
この科学者のような厳格さは、全く芸術家の自由を制限するのではなく、ある完全に確立しバランスが取れている自立した作品を読もうとする人間の視線の生理的欲求を満たすために、人間が自然を正確に眺める時のように最低限のベースを規定します。
(芸術は、常に自然を理想化するための探求を行っています)。ミリ単位の構造は、絵画がもたらす『造形の情熱の専従職員』を反映しています。『美しいものは全て数学的に正しい』ことを思い出して結論としましょう。
古代ギリシアの世界では、破風に『幾何学を知らぬものはこの門をくぐるべからず』と彫られていました。黄金比には、触れることなく・・・。純粋な単純性力強く単純なフォルム、鮮やかな色彩の色斑は、芸術家の作品に必ず現れます。
それらは、まず目を惹き、その後に視線が残りの構成を発見することを許します。縁部、絵柄、別のフォルムと色彩、背景、続き、周囲の状況など。
この明確な単純性、構成、図の中の結果は、実際恐るべき作業であり、綿密に考えぬかれ、制御されています。アンドレ・ブラジリエは、僅かな努力で最大の効果をあげています(単純性の実現が最も困難であり、決して簡単ではありません)。
単純さは、複雑さと共に、この「単純さ」が豊かさ(豊かな絵画的エネルギー)を獲得するために効果的な足し算を必要とします。アンドレ・ブラジリエは、組み合わせる色彩とフォルムのニュアンスを加えながらその純粋なフォルムを明確にし、豊かにするために作業をします。
『目のための驚き』、そしてリズム。作業には、浮き彫り、亀裂など細部を作るための多くの道具を使います。絵筆の後ろの彫刻刀、剃刀の刃、ブラシ、大きな作品にはホウキなど。 『なんでも利用します。自然の姿は様々ですから様々な道具が必要です』と芸術家は語ります。
十分に準備され表現豊かな線による単純さの感覚は、アンドレ・ブラジリエが素晴らしい黒の線の使い手であることを可能にしています。優れた画家が常に優れたデッサンが描けるとは限りません。
『変貌の画家』これは、ブラジリエを規定する表現であり、それから離れることはありません。アンドレ・ブラジリエは、ある意味リアリストであり変貌の画家ですが、その作品は、印象主義、夢幻、抽象とさえ接近します。具象しない具象、変貌する具象、別の具象。独自の単純な視線、最深部の感覚、その魂。
この独自性が、可視及び不可視、繊細さ、控えめなエレガンス、そして美しい力の組み合わせを生成します。心の流動性、軽さ、超現実が浮上。芸術家の作品は本当に『変貌』します。彼だけが見ることができるような変貌。
内側そして外側の最高の美しさの変貌。独特のスタイルは、画家の精神的な父であるゴーギャンのアドバイスを元にしています。『真実を描くのではなく、本当らしく描く』。アンドレ・ブラジリエは、瞬間というものを知っています。
優美さ、輝かしさ、生命。他より美的で意義深く、永遠性を持つもの。夢見た光景、芸術作品が持つ『変貌した』現実。私は、『目のための祝祭』『心地よい芸術』を目指しています、と画家は語っています。
アンドレ・ブラジリエはまた創造、フォルム、色彩、芸術の品位について『偏執的』だとも言っています。完全とは、ディテールの集合であり、芸術は道徳的な行為であるから、『強迫観念』は、芸術家の基本的な特性である・・・。
自由な色彩アンドレ・ブラジリエは、非常に洗練された色彩の使い手です。画家のパレットは非常に洗練され、多彩で、驚くべきです。彼の揺らめき(揺れて拡散する色彩)の中で長時間吟味された繊細で、念入りに手が入った交響曲といえるでしょう。
支配的な色彩は、さらに基調色、エネルギー、形式理論をもたらします。明るさと暗さは、ともに魅力的で印象的なので、この重要な色彩は、暗い(力強い、目立つ、幻惑的)場合と明るい(優しい、控えめ、軽やか)場合があります。
色彩は常に『多彩に変化』し、時には、デリケートに女性的であり、時には男性的で力強くなります。色彩は、また明晰である場合もあれば、神秘的で精神的な魔法が刻印されたような場合もあります(純白、シックなピンク、希望の青、冷たい黄色、自然なカーキ、永遠の黒など)。
死に立ち向かう生ダイナミズム、活力、生命を賛美し高揚するアンドレ・ブラジリエは、『絵画というものは生を捉えます、つまり死との戦いです。』と説明します。運命や死への盲従に対して活き活きとして魂を高揚させるエネルギーを彼は使います。
そして芸術家は、『生命』を見つめ、認め、さがしだし、『生命』を証言します。それが彼の取り組む大きなテーマです。生きている自然の表現、彼の妻/ミューズの変貌、音楽、馬を。
生命とは動きです(全ての生き物は運動し、どこかに行き、どこかから戻る。人間の呼吸、潮汐、血流)。芸術家の作品は、正しい動きを知っており、それに美しいフォルムを与えます。全ての構成をリードする活力、全ての目の幸福。
愛されたミューズ 純粋な愛のような純粋なフォルム。画家は、彼に忠実な愛に満ちた作品の創作意欲を刺激する最愛のミューズであり妻に毎日感動しています。シャンタルは、アンドレ・ブラジリエの常に第一の主題です。女性は『男性の運命を支配する』。
つまりその目的実行の原動力と言うではありませんか。そしてアンドレ・ブラジリエは、この点でロマン派作家と言えるのです。感情と愛の熱狂者。アンドレ・ブラジリエ 買取
自然への賛歌芸術家のロマン主義への傾倒は、自然、完全な美、自然の本来や永遠性に対する愛(母なる自然のみが完全)の理論的な入り口です。アンドレ・ブラジリエは、彼が最愛の妻を愛し接するように自然(植物や動物)を愛し接します。心の目を使うはにかんだ愛情の喜び。
心地良い調和アンドレ・ブラジリエの創作は、調和、穏健、輝く平和、気高さを投影しています。題材処理、色彩処理、純粋フォルムなどの造詣の深い構成感覚。純真さ、道徳性、毅然とした清廉。この全体的な絶妙の調和は、世界各地での成功の中でのアジアにおける彼の成功の理由を説明しているでしょう。
高まる神聖 『神聖な何かが芸術の中に、絵画の中にあります。それは創造主に対する宗教を作成することでした。』 アンドレ・ブラジリエは、『伝えるための昇華』、超越し、神聖化し、聖化することを望んでいます。
つまり、教育するため高めると言うことであり、彼が持っている美しい武器でそれを改善すること。彼は、美は善である(道徳的な行動)ことを知っており、美と善には関係が有ることも知っています。彼の計画は、精神的なモデルであり、存在の崇高な高さを求めるための励ましです。
芸術家は、最終的には、『伝えること』、共有すること、高みを目指し、素晴らしい目的地に次なる自分を高めることを目指しています。 読まれるテキストの紹介および読みたいという欲求を与えるために出版物で使われるような短いタイトルが必要。
『純粋なフォルム』:アンドレ・ブラジリエの仕事全体は、3語でタイトルとする。平易なフレーズかつ非常に簡潔に。芸術家を簡単に定義するための本質的なコミュニケーション作業。
入念な構成のための『フォルム』、輝くような色彩マッス、明確で力強い線。芸術家が述べた『見るための助け』- 純化された単純さの為の『純粋』。彼のミューズ/妻であるシャンタル、母なる自然、神聖さのための創造主の心酔、夢への愛)。
絵画 買取・査定・鑑定の基準ですが色々な情報に惑わされることなく,買取実績の多い業者選びをする事が高価買取の近道です。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|