マルク・シャガールのリトグラフ|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

マルク・シャガールのリトグラフ

シャガールの絵にほとんど興味を持っていなかった。基本的に西洋画への感心は低いのだが、あのキュビズムというのか、ああいう手法が好きになれない。実際、観てみても、あのボンヤリしたイメージの絵は、特段私の心に何かを訴えてくることはなかった。シャガールの絵を見ていて思うことは、上下逆さの人がよく描かれていること。こういった表現は、ユダヤの言葉や文化を理解すれば、理解しやすいのかもしれない。しかし、教養が欠けている私にとっては、もはやどうしようもないと、シャガールの絵を愉しむことを諦めていた。
とにかく興味も無く一通り見てみたとき、ふと振り返って遠くにある絵を見たときに、一つの間違いに気がついた。遠くから、絵を眺めてみると、あのボンヤリしていると思った絵が、強烈なイメージを私に投射してきたのだ。あの色彩が非常に綺麗に見え、もしかしたら、この距離感を持ってシャガールの絵を見ることが、シャガールの絵を受容するために必要な距離感だったのかもしれない。芸術はコミュニケーション。作者が発信をしたものに対し、鑑賞者がしっかり受容する態勢を取らねばならない。
このシャガールと私のコミュニケーションにおいては、距離感が大事だったのだ。私は、近くで絵をみて、ボンヤリしてるなと思っていた。しかし、遠くの絵を見たとき、本来なら目の悪い私が見ればボンヤリ見えるはずの絵が、ハッキリと見えた。これは逆説的。後になってみると、シャガールがそれを望んでいたのかは分からないものの、あの上下逆さの人達が、その逆説的なメッセージを暗示していたように感じてしまう。目の物理的な悪さより、精神的な悪さを感じ、ある種の哀しさを得た鑑賞だった。何事も、曇りなき眼で見定めたいところである。シャガール 買取
  • 赤い服の女性マルク・シャガール
    赤い服の女性
  • アトリエの太陽マルク・シャガール
    アトリエの太陽
  • 冬の太陽マルク・シャガール
    冬の太陽
2012年6月12日放送|開運 なんでも鑑定団 「第5回 青春の思い出鑑定大会」
東郷青児の油絵
●M・シャガールのリトグラフ
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\800,000
【鑑定士総評】
古代イスラエルの王ダビデが主人公の銅版画シリーズで32枚セットのうちの一枚。1979年に175部作られたものにはサインがなく、翌80年に限定40部作られたものにはサインが入っている。依頼品はサイン入りのもの。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|