マリー・ローランサンの銅版画の価値|高額査定を受ける為に知っておきたい事前知識・価値
絵画 買取

マリー・ローランサンの銅版画の価値

1883(明治16)年に生まれ、夢見がちな少女時代ののちに画家を志すようになり、当時の先進的な芸術家グループの一員となります。彼らのたまり場だったアトリエ兼用の古いアパート、通称「洗濯船」で、ピカソやアポリネールらとの伝説的な青春時代を送るうちに、「淡い色調と簡潔なフォルムによる憂いをたたえた詩的な女性像」という独自の画風を作り上げました。30歳になるころには有望な新進画家として世に知られ、当時、パリに各国から集って「エコール・ド・パリ(パリ派)」と呼ばれた多くの芸術家たちの中でも、重要な一角を占めるようになったのです。
ところが、31歳の結婚直後に始まった第一次世界大戦のため、その後7年間に及ぶ亡命生活を強いられます。愛する故郷や親しい友人たちとも離れたこの間の作品は、どれも痛いような孤独にあふれていました。戦後、離婚して単身パリに戻ってからのローランサンは画風を大きく変えます。それまで彼女の絵にぴったり寄り添っていた「憂い」を消し去り、繊細さと華やかさと官能性をあわせ持つ、夢の世界の幸せな少女像を生み出しました。
再び戦争に向かう前のつかの間の爛熟した平和のひととき、「狂乱の1920年代」のパリで、ローランサンは時代の雰囲気の表現者となったのです。ローランサンに肖像画を注文することが上流婦人の流行となり、また舞台装置や衣装のデザインなどでも成功を収めました。その後、第二次世界大戦ではパリを占領したナチス・ドイツ軍に自宅を接収される苦労も味わいながら戦後を迎え、世の美術の動きがより急進的になっていくのを見守りながらも、静かな老いの中で、自らが信じる美しいものを描き続けて1956(昭和31)年に亡くなりました。
マリー・ローランサン美術館が2011年9月末で閉館されることを知り、一度は見ておきたいという衝動に駆られて先日、長野県茅野市の蓼科高原にある同館を訪れました。マリー・ローランサンを初めて知ったのはずいぶんと前のことです。今は亡き加藤和彦のソロアルバム「あの頃、マリー・ローランサン」に同名の曲があり、パートナーだった安井かずみの詩と共に紡ぎだすオシャレな生活、手が届きそうもないライフスタイルに羨望の想いを抱いたものです。当時、私は2人目の子どもが生まれ子育てに追われていた時期でしたが、雑誌で見たパステルカラーの夢見る乙女の絵はゆとりの象徴のようでした。 
今回、本物のローランサンの作品に触れ、20代・30代から60代へと時代を経て変化する作風を目の当たりにして、ローランサン観が大きく変わりました。とくに第一次世界大戦の亡命生活時代までの作品は、乙女の表情には憂鬱や翳りが多く見られ、これがローランサン?というくらいの驚きがありました。
ローランサンの作品のみを扱う専門美術館は世界でここだけだそうで、所蔵作品は500点以上とか。それが日本にあるのはバブルの遺産なのかも知れませんが、貴重な収集品が散逸し、見られなくなるとしたら非常に残念なことです。
資料によると、館長である高野将弘氏の個人コレクション100点余をもとに、ローランサンの生誕100年を記念して1983年に氏が経営するリゾートホテルに併設して開館。その後、収蔵品の増加に対応するために増改築され、現在に至ったとか。高野氏は東京の大手タクシー会社の創業者だそうですが、高度成長時代のメセナは終焉を迎えているのでしょうか。マリー・ローランサン 買取
メセナの語源はローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスの側近ガイウス・マエケナス(Maecenas)の名前に由来していることを最近、塩野七生著「ローマ人の物語」を読んで知りました。大阪では昨年、サントリーミュージアムが閉館しましたが、厳しい経済環境下で企業のメセナも変わらざるを得ないのでしょうね。私にできることはせいぜい鑑賞することですが、何とか残してほしいと願うのみです
  • 「スペイン便り」より#119マリー・ローランサン
    「スペイン便り」より#119
  • 「スペイン便り」より#扉絵マリー・ローランサン
    「スペイン便り」より#扉絵
  • 「スペイン便り」より#110マリー・ローランサン
    「スペイン便り」より#110
2012年11月13日放送|開運 なんでも鑑定団
マリー・ローランサンの銅版画
●マリー・ローランサンの銅版画
●鑑定士(永井龍之介)の出した金額:\100,000
【鑑定士総評】
手彩色で色がつけられているが、別の人物が色をつけている。版外にマリー・ローランサンの署名があるがこれも本人が書いたものではない。おそらく版元か誰かが入れた署名であろう。元の版はローランサンのものだが、それ以外に他人の手が加わっているので若干マイナスとなる。ただ内容としては線描はローランサン自身のもので、非常に抒情的なローランサンらしい少女像。ローランサンの版画は数が出ているので高額にはなりにくい。
査定無料お気軽にどうぞ美術品のご売却は、美術品買取専門のアート買取協会へ。6つの強みで安心とご満足をお届け致します。絵画・美術品売却はこちらから無料買取査定フォーム

この情報記事と内容が近い情報記事をご紹介しております

女性ウィッグ 通販

美術品買取の地域|出張無料査定

北海道
|青森|岩手|宮城|秋田|山形|
|福島|茨城|栃木|群馬|山梨|
東京神奈川|埼玉|千葉|
|新潟|長野|富山|石川|福井|
愛知|岐阜|静岡|三重|
大阪|兵庫|京都|滋賀|奈良|和歌山|
|鳥取|島根|岡山|広島|山口|
|徳島|香川|愛媛|高知|
福岡|佐賀|長崎|熊本|大分|宮崎|鹿児島|
|沖縄|